• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
アジャイルの流儀で英語に挑戦!

[再挑戦編2]ダイエットができるなら英語ペラペラも平気!

牛尾 剛 2014/03/18 日経コンピュータ

 この連載では、「ITエンジニアのゼロから始める英語勉強法」の電子書籍化を記念して、書籍を出したあとに私が得た気づきを交えながら、皆さんの英語ペラペラ化に向けた「再挑戦」の進め方を説明しています。

 今でも、新たな英語勉強法や勉強のための教材は毎年のように登場しています。でも、ちょっと考えてみてください。それまで英語がしゃべれなかったのに、大人になってから英語をペラペラとしゃべれるようになった人って、あなたの周りで見たことがありますか?

 あなたの知っている「英語がペラペラな人」は、恐らく海外に赴任した経験があるか、若いころからしゃべれた人ではないでしょうか。どの勉強法や教材を使っても、大人になってから英語ペラペラになるのは、まずムリだろう。多くの人が、こう感じているに違いありません。

 前回(日本にいても英語ペラペラ「最上級」になれる!)、私は英語勉強を始めたいきさつとともに、「誰でも英語ペラペラになれる」と言いました。実際、海外に長期間いたことも、英語を普段使う機会もない状態で、8カ月程度気合いを入れて勉強したところ、英語の難易度が高い米国のワークショップで講師を務めることができました。

 ここで言いたいのは、「大人になってからでも、たとえ英語を使う機会に恵まれていない場合でも、英語ペラペラになれる!」ということです。そのためには、どうすればいいのでしょうか。今回は、英語がペラペラにならない理由とともに、どうすればペラペラになれるかについて、お話ししましょう。

英語勉強法セミナーの様子
書籍を出版した際に実施した英語勉強法セミナーの様子

次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

次ページ 簡単なのにペラペラにならない本当の理由
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    提唱者が解説、なぜ「情報銀行」を設立するか

     GPS(全地球測位システム)データや鉄道の乗降データなど「人の動き」に関するビッグデータを解析し、防災や医療に役立つように可視化する。この一連の研究に取り組むのが柴崎亮介氏だ。個人のデータの蓄積が進めば社会はより良くなるとの考えの下、技術の研究に留まらず「情報銀行」の設立を推進する。

  • 【ニュース解説】

    政府が本腰、「情報銀行」って何だ

     個人情報にひも付いた行動履歴や購買履歴などのITデータを、個人の預託に基づいて一元管理する制度、あるいは事業者のこと。政府が、個人のITデータを安心して活用できる環境を整備する目的で検討している。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る