• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ネットワークにダウンサイジングの波

[5]鍵は「シンプルL3ファブリック」、JuniperのSDN戦略

中田 敦=日経コンピュータ 2014/03/07 日経コンピュータ

 クラウドのような大規模なデータセンター内のネットワークは、シンプルなL3ネットワークのファブリック「L3 ECMP Clos Network」になる――。そのような見通しを語るのは、米ジュニパーネットワークス(Juniper Networks)のバイスプレジデントを務めるアンカー・シングラ氏(Ankur Singla)だ。シングラ氏はジュニパーが2012年12月に買収したSDN(Software Defined Network)ベンダーである米コントレイルシステムズ(Contrail Systems)の最高経営責任者(CEO)を務めていた。

Nicira、Big Switch、Contrailはスタンフォード大出身

 コントレイルが開発し、現在はジュニパーの製品となっている「Contrail」は、「オーバーレイ方式」のネットワーク仮想化製品である。仮想マシンが稼働するPCサーバーに「仮想ルーター」をインストールし、仮想ルーター同士がトンネリング通信を行うことで、L3ネットワークの中に仮想的なネットワークを作り出す。同じような製品を販売するベンダーとしては、「VMware NSX」を販売する米ヴイエムウェア(VMware)や、「Big Switch Controller」などを販売する米ビッグスイッチネットワークス(Big Switch Networks)などがある。

 ジュニパーが買収したコントレイルや、VMwareが買収した米ニシラ(Nicira)、ビッグスイッチの3社はいずれも、米スタンフォード大学でネットワークの研究をしていた研究者が起業したベンチャー企業だ。また3社が目指す方向性も一致している。各社とも、データセンター内の物理ネットワークは極力シンプルにして、ネットワークに必要な機能はPCサーバーで動くソフトウエアによって実現することを目指している。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 設立から1年を経たずにジュニパーに買収されてしま...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る