• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

新刊・近刊

M2M基本技術書

ETSI標準の理論と体系

斉藤 栄太郎=日経SYSTEMS 2014/03/14 日経SYSTEMS
出典:日経SYSTEMS 2014年3月号p.96
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 人間の手を介さずに機械同士が連携し、データのやり取りや処理を行う技術「M2M」(Machine to Machine)。このキーワードが登場したのは10年ほど前だが、ビッグデータ分析や「モノのインターネット」(IoT=Internet of Things)を実現する中核技術の一つとして、改めて注目を集めている。

 本書は、国際的な標準化団体であるETSI(欧州電気通信標準化協会)が定める規格を中心に、M2Mで使われる基本的な技術について網羅的に解説する。「(水道使用量や電力消費量などの)スマートメータリング」「電子健康管理」「車両搭載システム」といった五つの主要な用途に関する概説をはじめ、M2Mシステムの構築に必要なネットワーク技術やプロトコル(無線通信やTCP/IP関連など)、システムアーキテクチャーおよびその構成要素(モデルやフレームワーク)、セキュリティ技術などを具体的かつ詳細に記述した。M2Mを技術的側面から体系的に押さえたいエンジニアにお薦めだ。

M2M基本技術書


M2M基本技術書
David Boswarthick/Omar Elloumi/Olivier Hersent著
山崎 徳和/小林 中 訳
リックテレコム発行
3570円(税込)

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【Apple Pay最新事情】

    NFC開放から占うApple Payの未来

     WWDC17におけるApple Payの最大の話題は、新機能「個人間(P2P)送金」の提供だった。一方でiOSエコノミーの開発者らの間では、iOS 11で初めて「NFC(Near Field Communication)」機能の開放が行われて大きな話題になっている。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る