• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Linuxコマンド集

【ldconfig】共有ライブラリの依存関係情報を更新する

中島 能和=リナックスアカデミー 2014/02/07 日経Linux

ldconfig

共有ライブラリの依存関係情報を更新する(1)

構文

ldconfig [オプション] DIR...

オプション

-v, --verbose バージョンを表示し、リンクを新しく生成するたびにその内容を表示する
-n コマンドラインで指定されたディレクトリDIRのみを処理する
-N ライブラリキャッシュを更新しない(-Xが指定されていなければリンクは更新される)
-X リンクを更新しない(-Nが指定されていなければライブラリキャッシュは更新される)
-f CONF /etc/ld.so.confの代わりに設定ファイルCONFを指定する
-C CACHE /etc/ld.so.cacheの代わりにキャッシュファイルCACHEを指定する
-l ライブラリを手動でリンクする(ライブラリモード)
-p, --print-cache 現在のライブラリキャッシュの内容をリスト表示する
-c, --format=FORMAT キャッシュファイルのフォーマットを指定する(old/new/compat)
DIR 共有ライブラリを検索するディレクトリ

説明

共有ライブラリファイルにリンクを張ったり、共有ライブラリの依存関係情報が格納されたライブラリキャッシュを更新したりする。キャッシュファイルは通常、/etc/ld.so.cacheである。共有ライブラリを検索するディレクトリは、/libと/usr/lib、そして/etc/ld.so.conf(および/etc/ld.so.conf.d/*)ファイル内で指定されたディレクトリ。

使用例

共有ライブラリの依存関係情報を更新する。

# ldconfig

関連事項

ldd

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る