• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

遠藤一義のコマンド格言

arp -dはトラブル対応時のおまじない

2014/02/05 ITpro

 ネットワークがつながらなくなったとき、みなさんはまず何を確認しますか?

 自分のパソコンのIPアドレスやデフォルトゲートウエイ、サブネットマスクの設定、LANケーブルが接続されているかどうか、接続先のサーバーのIPアドレスに誤りがないか──などを確認するのではないでしょうか。

 これらに加え、ぜひ「arpキャッシュ」も確認してみてください。arpキャッシュはWindowsが保持・管理している、IPアドレスとMACアドレスの対応表です。前回(管理者権限を付けるなら3つのキーを同時押し)も少し出てきましたね。ユーザーがarpキャッシュを設定することはほとんどないので、普段はあまり意識されていないと思います。

 arpキャッシュには、一度通信した相手のIPアドレスとMACアドレスがセットで格納されます。2回目以降の通信では、パソコンはまずarpキャッシュを参照し、IPアドレスがあるかどうかを確認します。一致するIPアドレスがあれば、それに対応するMACアドレスを宛先に指定して通信します。

 arpキャッシュの情報は一定時間経つと自動的に消去され、常に最新のIPアドレスとMACアドレスの対応表を保持するようになっています。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ arpコマンドでarpキャッシュの内容を確認する...
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【AIスピーカー競争】

    体験レポ、Amazon Echoで買い物をしてみた

     米Amazon.comのAI(人工知能)スピーカー「Amazon Echo」では、音声を使って「Amazon.com」での買い物ができる。音声アシスタントの「Amazon Alexa」に「ミネラルウォーターを注文して」などと話しかけるだけだ。シリコンバレー駐在記者がその使い勝手を試した。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る