中国・アジア

経営のトピックス-PR-

富士通、ITHDがASEANでクラウド強化

2013/11/11
岡部 一詩=日経コンピュータ (筆者執筆記事一覧
出典:日経コンピュータ 2013年10月17日号p.18
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)

 富士通やITホールディングス(ITHD)傘下のTIS、クオリカがASEANでクラウドサービスを強化している()。主にASEANに進出した日系企業に向けて、タイやインドネシアなどのデータセンター(DC)を通じてサービスを提供する。顧客に近い拠点のDCを使うことでサービスの利便性や品質を高め、クラウドの利用拡大につなげるのが狙いだ。

表●ASEANでクラウドサービスを強化している国内IT企業の例
[画像のクリックで拡大表示]

 富士通は2013年10月2日、クラウドサービス「Fujitsu Thailand Cloud Service」の提供をタイのDCを通じて始めた。9月27日に本誌がバンコクで開催したIT関連セミナー「アジアICTカンファレンス」で、同社タイ拠点の富士通システムズビジネス(タイランド)の國丸昌之社長が明らかにした。

 同サービスでは、仮想サーバーや仮想OSをIaaS(インフラストラクチャー・アズ・ア・サービス)として提供する。メールやERP(統合基幹業務システム)などのSaaS(ソフトウエア・アズ・ア・サービス)も用意した。

 従来は、各サービスをシンガポールのDCから国際回線でタイの日系企業向けに提供していた。今回、タイのDCから国内回線でサービスを提供することで、安定した通信環境を確保すると同時にコストを下げたという。

 中堅・中小を含む日系企業のASEAN進出が加速し、短期間に拠点を設立したいというニーズが高まっている。「こうした需要にクラウドで応える」と國丸社長は話す。インドネシアやフィリピンでも現地にDCを確保し、同様のサービスを展開したい考え。3年間で300社の導入を目指す。

 富士通はタイ、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、ベトナムというASEAN地域で2015年度に本誌推定で1000億円の売り上げを目指している。この目標達成に向けクラウド事業を拡大していく。

 一方、10月1日にタイとインドネシアに拠点を新設したTISは、インドネシアのDCを使ったIaaS「Cloud Berkembang」を8月1日に提供開始。顧客の要望に応じたスペックの仮想マシンを提供している。2015年度末までに250社への導入を目指しており、タイでも現地のDCを活用したクラウドサービスを検討中だ。10月1日には、同IaaSを利用したSaaS型eラーニングサービス「楽々てすと君@CBKB」の提供を始めた。

 クオリカは7月、生産管理システム「AToMsQube」を、ASEANの日系企業向けにタイのDCからSaaS形式で提供を始めた。従来は、日本のDCから国際回線経由で提供していた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteでクリップする
  • 印刷する

今週のトピックス-PR-

この記事に対するfacebookコメント

nikkeibpITpro

▲ ページトップ

CIO Computerworld
ITpro EXPO 2014

Twitterもチェック

執筆者一覧

イベントINFO -PR-

最新号

注目の書籍

好評発売中!

XperiaモバイルAV活用ブック[docomo Z2/au ZL2対応]

もはや「AV端末」! Xperia最新機種を フルに使いこなすためのガイドブック