• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

スマホ連携ガジェットを作ろう!

第2回 konashiとは何か?スマホの入出力を無線で拡張

松村 礼央=ユカイ工学主任研究員/東京大学先端科学技術研究センター特任研究員 2013/08/20 ITpro
写真1●「konashi」
[画像のクリックで拡大表示]

 第2回は、前回紹介した「konashi」(写真1)について、konashiとは何か、どのような開発思想で生まれたものなのか、どういうアーキテクチャなのかを解説します。

 konashiは、スマホ・タブレット端末を連携端末として想定したフィジカルコンピューティングのためのツールキットです。具体的な解説の前に、まずは紹介動画をごらんください。

 動画に示した通り、「konashi」はスマホ・タブレットの入出力を無線で拡張可能な、いわゆる「マイコンボード」です。オープンソースとして提供されているJavaScript、Objective-C言語のライブラリによってプログラミングすることで「konashi」を制御することができます。

konashiにはどのような機能があるのか?

 konashiが備える機能の一覧を表1に示します。konashiは、デジタルI/Oを8ポート、アナログI/Oを3ポート備えており、外部機器との通信機能としてUART、I2C通信用のポートを各1ポート備えています。また、デジタルI/Oが出力モードの際はPWMモード(パルス幅変調信号モード)を利用することもできます。特殊な機能としては、konashiとスマホ・タブレット間の受信信号強度(RSSI)を計測する機能が備わっています。

表1●konashiが備える機能の一覧
機 能搭載数備 考
デジタルI/O (PIO)8port
アナログI/O (AIO)3portリファレンス電圧(1.30V)
UART通信1port2400bps、9600bpsをサポート
I2C通信1portデジタルI/Oと兼用
PWM出力8portデジタルI/Oと兼用
RSSI計測機能- 

 それでは、具体的にこれらの機能でどのようなスマホ・タブレット端末と連携するガジェットがつくれるのか、例とともに解説します。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ デジタルI/Oによる無線電力操作
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る