情報システムのトピックス-PR-

5年半振りの大改訂!Oracle Database 12cを徹底解剖 ITpro

 米国時間の2013年7月1日、オラクル製データベース管理システムの最新バージョンとなる「Oracle Database 12c」が米国で正式発表となった。

 最大の特徴は、クラウドコンピューティング環境の進展を意識して、データベースの「マルチテナント」を実現するための機能を実装したこと。マルチテナントとは、一つのシステム管理環境下に、複数のシステムを同居させる形態のことを言う。バージョン名の最後に付く「c」はクラウドを表している。

 ほかにも、データ配置を最適化する機能、セキュリティリスクを低減させる機能、可用性をさらに向上させる機能など、複数の機能を実装・強化した。いずれも、データベースをマルチテナント化した環境、ひいてはクラウドコンピューティング環境の上でデータを安全に運用管理するために有効なものである。

 本特集では、Oracle Database 12cで登場する主要機能の概要と実装方法、ユーザーにとってのメリットを解説する。

目次

注目のIT企業が集結する一大イベント「ITpro EXPO 2015」は9/30~10/2に開催! 入場料3000円が無料になる事前登録を受付中! セミナー登録も開始しました。ぜひご来場ください。

今週のトピックス-PR-

この記事に対するfacebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現しています。本機能、およびコメントの内容について、ITproは一切の責任を負い ません(ITproからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

▲ ページトップ