• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Java技術最前線

JavaFX 2ではじめるGUI開発 第12回 トランジションで簡単アニメーション

櫻庭 祐一=横河電機 2013/07/05 ITpro

 アニメーションは効果的に使うことで、GUIの表現力を高めることができます。最近では、CSS 3でもアニメーションが可能になるなど、GUIを構成する上でアニメーションは欠かせない要素になっています。

 もちろん、JavaFXでもアニメーションが可能です。

 JavaFXでは、アニメーションを高レベルAPIのトランジションと、低レベルAPIのタイムラインという2種類の方法で記述できます。

 そこで、今月はトランジション、来月はタイムラインについて解説していきます。

アニメーションの原理

 アニメーションは一定時間ごとに表示要素を切り替えることによる、動きを表現するための手法です。

 たとえば、図1の9枚のイメージをある時間ごとに切り替えることで、図2に示したDukeが手を振るアニメーションを実現できます。

図1●アニメーションの原理
図1●アニメーションの原理
図2●Dukeのアニメーション
図2●Dukeのアニメーション

 コンピュータでアニメーションを行なうときも、このように表示する要素を変化させて、ある時間ごとに表示を切り替えていきます。しかし、すべての要素を指定するのはなかなか大変です。

 そこで、移動やスケーリングなどのアニメーションでは、始めの状態と、最後の状態だけ指定し、後はコンピュータで補間することでアニメーションの記述を容易にする手法が使用されます。

 たとえば、図3に示したようにDukeのイメージを拡大するアニメーションを行なうことを考えましょう。この場合、始めのサイズと終わりのサイズを指定します。途中の状態は自動的に補間をして、表示します。

図3●Dukeをスケーリング
図3●Dukeをスケーリング

 JavaFXのアニメーションでは、トランジションがここで示したように始めと終わりを指定したアニメーションになります。一方のタイムラインはキーとなる複数の時間での状態を指定し、その間を補間するようにアニメーションします。

 このためトランジションは比較的単純なアニメーションに適しており、タイムラインは複雑なアニメーションを記述する場合に使用します。

 トランジションはjavafx.animation.Transitionクラスで表し、タイムラインはjavafx.animation.Timelineクラスで表します。いずれも、javafx.animation.Animationクラスのサブクラスとなります。

 では、次章からトランジションについて解説していきます。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ トランジション
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る