• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

風土改革の第一人者、柴田昌治氏と考える「いい会社」

風土改革の第一人者、柴田昌治氏と考える「いい会社」

川又 英紀=ITpro 2013/06/10 ITpro
出典:日経情報ストラテジー 2012年6月号pp.24-38
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 「いい会社」とはどんな会社か。日経情報ストラテジーはこの究極の問いに対する答えを探した。今、なぜいい会社か。

 東京電力の原発事故のように、1つの出来事で会社が一気に崩れることが分かった。そこで見えたのは組織風土の大切さだ。業績下落も重大な損失だが、風土悪化の方が致命的である。日頃から組織風土作りに力を入れ、柔軟に対応できる組織にしておかなければ、逆風で倒れると起き上がれない。

 そこでこの特集では、日経情報ストラテジーの連載でもおなじみのスコラ・コンサルトの柴田昌治氏に協力を依頼した。柴田氏はコンサルタントとして約30年にわたり、組織風土改革と向き合っている。その柴田氏と連載担当記者(当時)がいい会社の条件を一緒に考えた。

 結論として見えたのは、組織風土改革は経営の変革を促し、業績向上に直結するという事実。実現の過程で社員は成長し、いい会社が形作られる。

目次

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る