• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

企業のためのゲーミフィケーション事始め

第10回 サービスをローンチした後は何をする?

深田 浩嗣=ゆめみ代表取締役 2013/04/23 ITpro

 第9回ではソーシャル要素の活用について説明した。FacebookやTwitterを使うことだけにとどまらない、多岐にわたるソーシャル性の生かし方があることがお分かり頂けたのではないだろうか。

 「エンゲージメントの向上にソーシャルを活用」というのはよく耳にするフレーズだが、単純にFacebookページやTwitterアカウントを開設するだけでエンゲージメントが向上するわけではない。ユーザー間の多様な交流の場を設計することがソーシャル性活用の要諦である。

 応用編も終盤に近づいてきた今回は、今まで説明してきたような各項目の検討を経て、ゲーミフィケーションを取り入れたサービスをローンチした「後」のことについて説明したい。

 実はこのローンチ後にどうするかという点が成功と失敗を大きく分ける。ユーザーの実際の動きの変化を見る前の段階でなされた検討内容は、基本的に仮説の塊である。仮説はどこまでいっても仮説であるため、検証し見直すというプロセスが必要となる。一般にはPDCAとも呼ばれるが、こうした仮説検証のサイクルを定常的に回していくことで随時仮説の精度を高めていくことが、ローンチ後に重要なこととなる。

図1●仮説検証のサイクルを定常的に回していくことが重要
図1●仮説を検証し見直すサイクルを定常的に回すことが重要

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ これまでの仮説を振り返る
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【何がすごいの?「5G」5つの疑問】

    5Gはどれくらい速いの?

     第5世代移動通信システム(5G)の利用者が体感できる実効速度は、現行の4G(LTE)の100倍に当たる毎秒数百メガ~数ギガビット。携帯最大手のNTTドコモはそう想定する。通信条件の良いピーク時の実効速度は、サービス開始当初は毎秒数ギガビットにとどまるが、その後毎秒10ギガビット以上へと段階的に速ま…

  • 【記者の眼】

    ラオスの古都、そして世界も日本も席巻する中国アプリ

     9月末、遅い夏休みを取って「ラオス」へ旅をしてきました。急に行き先を決めたこともあり、ガイドブックすら読まずに下調べゼロで入国。「一体現地に何があるんだろう」「水は飲めるのか」「治安も不安だ」――。様々なネガティブイメージが頭によぎりつつタラップから降り立った場所は、古都ルアンパバーン。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る