情報システムのトピックス-PR-

Windows XPからアップグレードする(準備編)

2012/12/06
中島 省吾=メディアプラネット (筆者執筆記事一覧

 本連載「Windows 8道場」では、Windows 8の使いこなしをテーマに掲げ、基本操作からちょっとしたTips、最新アプリの紹介にいたるまで幅広くWindows 8の魅力を紹介していこう。第1回となる今回は、「Windows XPマシンをWindows 8にアップグレードする」の準備編をお届けする。

 すでに知っている人も多いと思うが、Windows XPのサポートが2014年4月8日で完全に終了する。そうなると、マイクロソフトから修正プログラムなどの提供が受けられなくなる。まだWindows XPを使用しているユーザーは、近いうちにWindows Vista/7/8にアップグレードしなければならなくなるだろう。

 XPから今アップグレードするなら「Windows 8」にしない手はない。なぜなら、2013年1月31日までの期間限定で、かなりお得なキャンペーンを実施しているからだ(図1)。

図1●Windows 8のサイトにあるキャンペーンのページ
マイクロソフトは、Windows 8 Pro アップグレードキャンペーンを行っている。2013年1月31日までなら、アップグレード版のパッケージが税込み5800円前後で購入できる。このページには、Windows XP/Vista/7からWindows 8 Proへアップグレードが可能だと記述されている。
[画像のクリックで拡大表示]

 それでは、まずはWindows XPからWindows 8へアップグレードするときの一番の注意点から解説を始めよう。

注目のIT企業が集結する一大イベント「ITpro EXPO 2015」は9/30~10/2に開催! 入場料3000円が無料になる事前登録を受付中! セミナー登録も開始しました。ぜひご来場ください。

今週のトピックス-PR-

この記事に対するfacebookコメント

※Facebookのコメント機能は、Facebookのソーシャルプラグイン機能を用いて実現しています。本機能、およびコメントの内容について、ITproは一切の責任を負い ません(ITproからのコメントを除く)。また、コメントを非表示にしたり、機能を停止することがあります。

▲ ページトップ