• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

次世代社会基盤「ソーシャルクラウド」

第3回 ソーシャルクラウドが備えるBCP機構

澤部 直太=三菱総合研究所 2012/12/05 ITpro

ソーシャルクラウドと災害対策

 ソーシャルクラウドの目的の一つに災害対策が挙げられる。東日本大震災における情報消失など、従来の情報システムの災害に対する脆弱性を補うことは、特に公共分野にとって重要である。

 各種自然災害における被害想定は、内閣府中央防災会議などで見直しが進められている途上だが、「ソーシャルクラウド調査報告書」(以下、調査報告書)では、首都直下型地震、東日本大震災、台風、パンデミック(新型インフルエンザ)の4種類について検討を行った。4種類の災害の被害想定などを表1に示す。平成23年度時点での被害想定とソーシャルクラウドの関連では、次の点が重要だと考えた。

  • ソーシャルクラウドの観点で考えると、ライフラインの電力、通信の復旧日数などが重要である。
  • 利用者視点で考えると、帰宅難民者をどうするかを考える、という視点が重要になる。
  • 発災時には「通信が細くなる」「帯域はたいしたことはないがコネクション数が多数になる」という特徴がある。
  • 死者数に加えて負傷者数も重要。家族の怪我に対して病院を探すなど。救急については直接の対象ではないが、救急とその他病院などの情報をマッチングする共通インフラをソーシャルクラウドが担うだろう。
  • 建物の倒壊数も重要。サーバーが壊れていなくても建物に立ち入れなくて稼働できないというケースが考えられる。
  • 被害想定のうち、人数や規模などがソーシャルクラウドが扱うべきデータ量・スケーラビリティなどの限界値を定めることになる。特に被害想定の広がりと深刻度が重要である。
表1●災害の種類と被害想定について
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 災害時に想定するユースケース
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    第二新卒のウソ、ホント

     人手不足が切迫感を増している。日本商工会議所の調査によると、中小の情報通信・情報サービス業では62.3%が人手不足と回答しており、全産業平均を上回る。こうした中で注目が高まっているのが、社会人経験3年未満で転職する「第二新卒」だ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る