• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ベールを脱ぐ韓国データセンターの実力

釜山は新たな「アジアのDCハブ」になる

LG CNS
シニアバイスプレジデント
金泰克氏

宗像 誠之=日経コンピュータ 2012/07/30 日経コンピュータ

 LGグループのシステム会社であるLG CNSは、ソウルに二カ所、仁川に一カ所のデータセンター(DC)を所有する。今後もDC事業を強化する方針で、日系企業や海外企業へ売り込むための新DCを2012年12月に釜山で開業予定。シンガポールや香港に対抗できるアジアのDCハブとして釜山をアピールしていく計画だ。LG CNSの金泰克シニアバイスプレジデントに、釜山や韓国のデータセンターの魅力について聞いた。

(聞き手は宗像 誠之=日経コンピュータ



写真1●LG CNSの金泰克シニアバイスプレジデント

なぜ今、韓国は釜山をアジアのデータセンター(DC)ハブとして売り出し始めたのか?

 これまで韓国のDCはソウル近郊が多かった。人口も企業もソウルに集まっていたため、国内市場向けのDCを作るなら、ソウルが中心になるのは当然だった。

 釜山のDCも当初は、ソウルにあるDCのバックアップの位置付けなど国内市場向けに検討が始まった。だが、大規模DCやクラウド事業者などを誘致する特区を作る構想が2010年に釜山市が主導して持ち上がった際に、発想の転換がなされた。釜山は海底ケーブルの主要な陸揚げポイントであり、ここに世界基準の信頼性を持つ大規模DCを作れば、海外の企業に使ってもらえるはずと考えた。日本では東日本大震災が起こり、海外のDCへのバックアップ機運が高まったことも大きい。

 LG CNSは釜山市と連携し釜山での大規模DCの建設に着手した。延床面積が3万2322平方メートルで、信頼性の基準を表すTierレベルは「3+」となるDCを、2012年12月に釜山で開業予定だ。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    アップル非公認でも信頼できる?安心を訴えるスマホ修理業者

     メーカー保証外でスマートフォンの第三者修理を手掛ける「街のスマホ修理店」の運営関係者の間で、米アップルの「方針転換」が話題になっている。保証規約に違反となる修理をしたiPhoneでも、場合によって保証サービスを適用したり有償の正規修理に応じたりするように、保証や修理の規定を変えたというのだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る