• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

JavaOne 2012 Tokyo レポート

停滞期を脱し再び進化を始めたJava

「スケジュール通り」の進展を強調

星 暁雄=ITジャーナリスト 2012/04/20 ITpro

 Javaテクノロジの停滞期は過ぎ去った。2012年4月4日から5日にかけて都内で開催されたJavaOne 2012 Tokyo(関連記事1関連記事2)で、米OracleのJava開発チームは「Javaテクノロジはロードマップ通りに開発が進んでいる」ことを繰り返し強調した(写真1)。

写真1●Java SEのロードマップ
[画像のクリックで拡大表示]

 今後のJavaテクノロジは、2年先、3年先までの計画を粛々とこなしながら、現代的な機能群を取り込んでいくことになるだろう。JavaテクノロジのコアとなるJava SE8(写真2)では「ラムダ式」をJava言語仕様に取り込み(Project Lambda)、実行環境のモジュール化を進める(Project Jigsaw)。JavaFXはプラットフォーム独立なUI(ユーザーインタフェース)フレームワークとなり、iOSなどスマートデバイスも対象とする(JavaFX on iOS)。エンタープライズ向けJavaテクノロジのJava EE7はPaaS(Platform as a Service)機能を備え、クラウドインフラとしての性格を打ち出す。これらのテクノロジは、ソフトウエア開発者にとって強力な道具となることだろう。

写真2●Java SE8の主要機能
[画像のクリックで拡大表示]

 こうした今後のJavaテクノロジのロードマップは、2011年10月に開催されたJavaOne 2011 San Franciscoと大きくは変わらない。重要なのは「予定通りに進捗している」ということだ。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 2年に1回、Java SEの新バージョンを出す
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【夏休みスペシャル 2017】

    エンジニアが知っておきたい夏バテ撃退法

     暑い日が続く2017年の夏。「夏バテ気味だ」と感じる読者は多いかもしれない。なかには猛暑で体力を奪われ、食欲が落ちている人もいるだろう。そこでこの夏休みスペシャルでは、IT企業でエンジニア向けの保健指導を務める金橋治美氏(保健師)に、夏バテを解消する夏休みの有意義な過ごし方を聞いた。

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る