• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Android、未知の領域へ

[復興]立ち上がる技術者、コミュニティがつなぐ絆

高橋 信頼=ITpro 2011/12/14 ITpro

 震災復興にITでできることを---日本を襲った未知の大災害に、多くの技術者や企業が立ち上がった。そこではAndroidも大きな役割を果たしている。

 復興支援アプリコンテストA3 Togetherの大賞を受賞したBumpRecorderは、Androidスマートフォンを自動車に載せて走るだけで道路の段差、すなわち損傷の情報を収集し、共有できるアプリだ。道路状況の情報は、スマートフォンだけでなくパソコンでも地図上で閲覧できる(関連記事:<大賞>路面段差観測アプリ「BumpRecorder」 - A3 Together 受賞作品レビュー)。

写真●BumpRecorder

 A3 Togetherのアプリ/Webサービス賞にも、ガイガーカウンターと接続し、AR(拡張現実)によって放射線量を“見える化”するアプリ「AR GeigerCounter、牛肉のトレーサビリティ情報をスーパーの店頭で検索できるアプリ「牛トレーサー(放射線汚染情報対応版)」、通信網が使えなくともスピーカーから出す音をマイクで拾って情報を伝達できるアプリ「toneconnect」、避難所などで気持ちをほぐすのに役立つ脳波ゲーム「脳波SPORTS」といった実用性の高いアプリが集まった。

写真●AR GeigerCounter
写真●牛トレーサー(放射線汚染情報対応版)
[画像のクリックで拡大表示]
写真●toneconnect
[画像のクリックで拡大表示]
写真●脳波SPORTS
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 復興にITを役立てる数多くの取り組み
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る