• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ツールで楽々!Androidアプリ開発

Rhodes[3]データ処理、DBアクセスと画面生成

落合 薫、大谷 辰夫=システム工房エム 2011/09/07 ITpro

 連載第3回となる今回は、Rhodesがどのように動いているのかを覗いてみる。前回使用したソースを見ながら、Rhodesでのデータ処理やDBとのやり取り、どのように画面生成を行っているのかを見ていきたい。

Rhodesのアーキテクチャ

 Rhodesで作成されたアプリは、他のマルチプラットフォーム対応のフレームワークとは少し違うアーキテクチャとなっている。

Rhodesアーキテクチャ
[画像のクリックで拡大表示]

 上図の構成図はおおざっぱに記述したものだが、Rhodesの中には実はRuby VM(Ruby1.9.1/XRuby)が搭載されており、その上で外部拡張が用意され、さらにはWebサーバーまで搭載されている。まるで、Webアプリケーションがサーバーも含めそのまま一つのアプリとして提供されている形だ。このRuby VMを各スマートフォンのOSごとに用意することで、一つのソースで多数のプラットフォームへの対応を実現している。

 一見Apple社の「App Store」への登録はできないのではないかと思われるかもしれない。しかしRhodesではRubyのスクリプト動的に評価している訳ではない。一度「YARV」と呼ばれるRuby1.9.0から採用された仮想マシン用のバイトコードにRubyのコードを変換したものをアプリの中に設置し、RubyVMにて実行する形を取っている。そのため、AppStoreの規約に抵触しないアプリを作成することが可能となっている。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 処理の流れを見る
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【Apple Pay最新事情】

    NFC開放から占うApple Payの未来

     WWDC17におけるApple Payの最大の話題は、新機能「個人間(P2P)送金」の提供だった。一方でiOSエコノミーの開発者らの間では、iOS 11で初めて「NFC(Near Field Communication)」機能の開放が行われて大きな話題になっている。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る