• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
刺激を求める技術者に捧げるScala講座

第21回 Liftウェブフレームワークを使う(その1)

2010/12/22 日経ソフトウエア
今井宜洋
有限会社ITプランニングに勤務するプログラマー。型理論などの応用である関数型言語MLや証明支援器Coqを使った、高信頼なシステム開発の技術に興味がある。

 LiftはScalaでウェブアプリケーションを作るためのフルスタックなフレームワークです。Liftを使えば、テンプレートシステムやORマッピング、セッション管理などウェブアプリケーションに便利なものはすべてそろっている環境で開発をすることができます。

 さらに、それだけでなく、LiftはScalaの機能を生かしたすばらしい特徴があります。

  • スニペットと呼ばれる関数を主体としたビューの構築
  • 高階関数を使ったシンプルなインタフェースの設計
  • Scalaコンソールによる対話的なデバッグとメンテナンス
  • 型推論による簡潔なコードの記述
  • 型検査によるプログラムの誤りの検出
  • nullがないことによって、実行時エラーを大幅に削減

 まだLiftは新しい技術ですが、中を覗いてみるとすばらしい工夫でいっぱいです。これからいっしょにLiftの世界を探検してみましょう。

 本記事では簡単なサンプルアプリケーションを作りながらLiftの基本的な使い方を学んでいきます。プロジェクトの管理にはMavenを使用します。以下のソフトウエアが必要となります。

  • J2SE 5.0以上
  • Maven version 2.2.1

次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。

次ページ MavenによるLiftプロジェクトの生成
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【最新Java情報局】

    Java SE 9のProject Kulla、JShellを深く知る

     前回からProject Kullaを紹介しています。簡単におさらいしておきましょう。Project Kullaでは、JavaのREPLツールであるJShellを提供しています。JShellを使用すれば、クラスを定義せずとも、Javaのコードを行単位で実行できます。JShellで実行するコードは、J…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る