• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

超上流を極めるための「要求開発」入門

第5回 新業務を設計し、システム機能を導出する

上山 和子=ファイブポイント代表取締役社長 2010/11/25 ITpro

 今回は、「要求開発」のデザインフェーズを取り上げます(図1)。

図1●要求開発の4つのフェーズ
[画像のクリックで拡大表示]

 デザインフェーズでは、準備フェーズや立案フェーズで作成した様々なモデルを利用して、新業務を設計していきます。

 前回説明した立案フェーズは、既存業務の概観をとらえ、攻略点を特定することを目的としていました。デザインフェーズでは、その攻略点について、実際の業務がどのように変化し、どのような効果が得られるかを、関係者がイメージできるまで、さらに深堀りしていきます。

 それでは、早速ホワイトバード社のケーススタディを見ていきましょう。

新業務を設計する

 入社3年目の白鳥翼が、父である白鳥太郎社長から一任された、ホワイトバード社の新基幹システム構築プロジェクト。コアメンバーである翼と情報システム室の桜井、営業部の直江の3人は、ステークホルダーの協力を得ながら、なんとか現状業務分析までを完了することができました(第4回参照)。

 ある日の早朝。会議室では、新業務の検討会議が始まろうとしていました。「ゴール記述書」(第3回参照)に記述した目標(図2)の1つ「フランチャイズ店からの問い合わせ件数の減少」を達成するための新業務をデザインするのが目的です。出席者は、プロジェクトのコアメンバーである翼と桜井、直江の3人に西新宿店の熊田オーナーを加えた4人です。

図2●プロジェクトで達成すべき目標を記述した「ゴール記述書」
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 桜井:「熊田さん、またご足労いただき、ありがとう...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る