Windows

情報システムのトピックス-PR-

Windows 7の互換機能を使いこなす(互換モード編)

2010/09/16

 Windows XPユーザーがWindows 7へのアップグレードを考えた際に、どうしても気になるのがアプリケーションの互換性だろう。Windows 7がいかに優れたOSでも、仕事で利用しているアプリケーションが動かないのであれば、おいそれとアップグレードすることはできない。Windows 7では、そうしたユーザーの不安を解消するための互換機能を数多く搭載している。

 Windows 7では、従来からある「互換モード」に加えて、「互換性のトラブルシューティング」や「Windows XPモード」といった新しい互換機能が利用できる。これらを駆使すれば、互換性に関する問題の多くがクリアできるはずだ。今回は、これらのWindows 7の互換機能の中から、まずは「互換モード」に関連した操作手順を紹介しよう。

過去のWindowsのように振る舞う「互換モード」

 OSの開発者にとって、過去のOSとの互換性は非常に重要なテーマである。もし互換性のないOSを作ってしまえば、これまでのアプリケーションはハードディスクの肥やしにしかならず、多くのユーザーが新しいOSに乗り換えることを諦めるだろう。Windowsが過去のバージョンに対して提供してきた互換性は決して低くはないものの、やはり常にすべてのアプリケーションが完璧に動作するわけではない。そこで、Windows XPでは「互換モード」と呼ばれる機能を追加した。

 互換モードの考え方は「いかにアプリケーションを騙すか」という点にある。つまり、特定のアプリケーションに対して、あたかも古いOSであるかのごとくOSが振る舞うというものだ。ただし、この「互換モード」を利用するためには、対象となるアプリケーションを起動する前に、そのアプリケーションに対してどのバージョンのWindowsとして振る舞うかをユーザー自身であらかじめ設定しておかなければならない。

 そこで、Windows Vistaで「プログラム互換性アシスタント」というサービスを提供した。このサービスにより、気づかずに互換性のないアプリケーションをインストールして起動に失敗したり、実行中にプロセスの生成に失敗したしたりした場合に、警告メッセージを表示して互換モードの使用を促してくれるようになった。この警告メッセージを見て、ユーザーは改めて互換モードの設定をしてから再度実行することで、そのアプリケーションを利用できることがある。

 Windows 7ではさらに、この「互換モード」をウィザード形式で設定する「互換性トラブルシューティング」と呼ばれる機能を搭載している。この機能は、ファイルを右クリックして表示されるメニューから「互換性のトラブルシューティング」を選ぶだけで、適切な互換モードを推測して設定してくれる。これなら互換モードの設定に迷うことも少なくなるはずだ。

インストールで失敗する場合に対処する

 それでは、まずは基本となる「互換モード」の使い方から説明しよう。よく互換性が問題となるパターンとして、Windows XPではインストールできるのに、Windows 7だとインストールできないという例を取り上げてみる。このような問題が発生した場合、そのインストーラはOSのバージョンチェックではじかれているか、管理者権限が必要であるかのどちらかである可能性が高い。そこで、「互換モード」を使ってOSのバージョンをXPに偽装し管理者権限で起動するようにすれば、Windows 7でもインストールできる可能性が高い。

 「互換モード」をXPに設定する場合は、まずインストールに失敗するインストーラのプログラムファイルを右クリックし、表示されたメニューで「プロパティ」をクリックする(図1)。

図1●互換モードは実行ファイルの[互換性]タブで設定する
インストールに失敗するのは、OSのバージョンが違うか管理者権限がないことが原因であることが多い。このような場合、プロパティを開き[互換性]タブをクリックして、「互換モードでこのプログラムを実行する」と、「管理者としてこのプログラムを実行する」をチェックしてから起動すると、インストールできる可能性が高い。
[画像のクリックで拡大表示]

 プロパティダイアログが開くので「互換性」タブをクリックし、「互換モード」グループにある「互換モードでこのプログラムを実行する」をチェックする。デフォルトでは「Windows XP(Service Pack 3)」を偽装する互換モードに設定されているはずだ。このままの設定で問題ないことが多いだろうが、それ以外にドロップダウンリストから「Windows XP(Service Pack 2)」や、他の古いWindowsの互換モードを選択することもできる。

 また、このダイアログにある「管理者としてこのプログラムを実行する」も同時にクリックしてチェックしておこう。それから[適用]ボタンと[OK]ボタンをクリックしてプロパティダイアログを閉じてから、インストーラを起動する。これにより、そのインストーラは設定した互換モード(今回の場合はWindows XP)で実行していると錯覚するので、起動しなかったインストーラの多くが起動するようになるはずだ。

実行中にエラーになってしまう場合の対処も可能
次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。
会員の方は、 ログインしてご覧ください。
まだ会員でない方は、ぜひ登録(無料)していただき、ITproの豊富なコンテンツをご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteでクリップする
  • 印刷する

今週のトピックス-PR-

この記事に対するfacebookコメント

nikkeibpITpro

▲ ページトップ

CIO Computerworld

Twitterもチェック