• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

オープンソース

「Ruby 2.0の開発が間もなく始まる」---日本Ruby会議2010 レポート

高橋 信頼=ITpro 2010/09/06 ITpro

 Rubyコミュニティのイベント「日本Ruby会議2010」が2010年8月27日から28日の3日間、茨城県つくば市で開催された。国内外から3日間でのべ約2000人が参加、約70のプログラムが行われた。基調講演でまつもとゆきひろ氏は次期版 2.0のアイディアを紹介、「間もなくRuby 2.0の開発を始める」と語った。

写真●Ruby会議2010の会場
[画像のクリックで拡大表示]
写真●セッション「RubyコミッタQ&A」ではRuby開発メンバーが壇上に集合(写真提供:asakusa.rb 橋本明彦氏)
[画像のクリックで拡大表示]

Ruby 2.0に向けた新しい構文を提案

 まつもと氏は「Ruby 2.0」と題して講演。Rubyの改善したい点として、「ローカル変数のスコープ」、「mix-inにおける問題(複数のモジュールをインクルードした際の競合)」、「プライベート・メソッドがないこと」、「グローバル・モンキーパッチング(パッチの影響が全体に及ぶこと)」、「整数の除算(整数同士の割り算の結果は整数になる)」をあげた。Ruby 2.0では、これらの課題を解決する方法を検討する。Ruby 2.0の開発は「間もなく始める」(まつもと氏)という。

写真●まつもとゆきひろ氏の基調講演のテーマは「Ruby 2.0」
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の講演では「複数のモジュールをインクルードした際の競合」を解決する手段としてまつもと氏が導入を考えている「mix」と呼ぶ構文について解説した。インクルードした複数のモジュールで同じ名前が使われていた場合にエラーにより検知でき、名前を変更して読み込むなどの機能もある。質疑応答では、提案された新しい構文について、まつもと氏とRubyのコア開発者の間で突っ込んだ議論が交わされた。

写真●mixの構文
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ JRuby会議に中心開発メンバーが来日
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る