• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

OESF Android Steps Ahead 2010/Tokyoレポート

Androidでつながる未来、デジタル家電からロボットやARまで (3/4)

星 暁雄=コモンズ・メディア 2010/04/26 ITpro

未来へ向けた取り組み、サービスロボット、AR、サイネージがAndroidで連携

 基調講演で異彩を放っていたのは「Future Systems WG(Working Group)」の発表「DENSUKEプロジェクト」である。

 写真5がDENSUKEプロジェクトの説明図である。中心に置かれているのは、ペット型のサービスロボット「DENSUKE」。Android搭載のサービスロボット、AR(拡張現実)、Android搭載のデジタルサイネージ、タブレット型デバイスなど要素技術を組み合わせ、どのような未来が可能となるのかのビジョンを形にしたムービーを上映した。これらの要素技術を結ぶ軸がAndroidである。

写真5●DENSUKEプロジェクトの構想
構想の中心に「ペット型サービスロボット」を置くことで、普段見慣れている「スマート中心の未来像」とは違う角度で各種技術を展望できる
[画像のクリックで拡大表示]

 DENSUKEプロジェクトのメンバーであるインタラクティブブレインズの武田政樹氏(会長兼CTO兼チーフクリエイター)は、「ロボット、AR、モバイル機器向け3Dグラフィックス、クラウド技術など、個別の技術だけでなく、それらを組み合わせたビジョンを提示したい」と話す。  これら未来へ向けた要素技術は、個別に開発が進んでいる。例えばサービスロボットは、研究や製品化の蓄積が進んでいるが、「何に使うのか」という決定的な用途を見いだせないでいる。スマートフォンは、カメラ、加速度センサー、GPSなど複数のセンサーを搭載し、情報収集に有効な「センサー・ハブ」と呼ばれることがある。そしいてロボットにも、スマートフォンと同様に各種センサーを搭載可能であり、しかもスマートフォンと違いロボットは自律的に行動できる。上映したムービーでは、この特性を活用して、家庭内でのモニタリング端末や、親しみやすい情報端末としての使い方があるのではないか、というビジョンを示した。

 またAR(拡張現実)、デジタルサイネージ、タブレット型デバイスやスマートフォンを組み合わせれば、何ができるだろうか。街角に設置されたデジタルサイネージ・デバイスから情報を受け取った上で、デバイスの持ち主であるユーザー別にカスタマイズした情報を、ARを活用して提供できるのではないか。

 同プロジェクトの展示ブースでは、ロボット・メーカー近藤科学のロボットが置かれていた(写真6)。「もちろん他のロボット・メーカーとも協業したい」(武田氏)。

写真6●DENSUKEプロジェクトの展示から
プロジェクトの構想に登場するロボットの要素技術の多くは、市販のロボットなどで実現可能である
[画像のクリックで拡大表示]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【何がすごいの?「5G」5つの疑問】

    5Gはいつ始まる?

     日本で5Gの商用サービスは3年後の2020年に始まる。NTTドコモとKDDIが2020年中の開始を表明しているほか、ソフトバンクも「2020年ごろを目指す」としている。携帯大手3社や総務省などの関係者は、2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックを5Gの実力と活用方法を広くアピールする絶好の…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る