• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ニュース解説

2010/04/15 日経コンピュータ

目次

  • 提唱者が解説、なぜ「情報銀行」を設立するか

     GPS(全地球測位システム)データや鉄道の乗降データなど「人の動き」に関するビッグデータを解析し、防災や医療に役立つように可視化する。この一連の研究に取り組むのが柴崎亮介氏だ。個人のデータの蓄積が進めば社会はより良くなるとの考えの下、技術の研究に留まらず「情報銀行」の設立を推進する。(2017/2/24)

  • 政府が本腰、「情報銀行」って何だ

     個人情報にひも付いた行動履歴や購買履歴などのITデータを、個人の預託に基づいて一元管理する制度、あるいは事業者のこと。政府が、個人のITデータを安心して活用できる環境を整備する目的で検討している。(2017/2/24)

  • 勢いは続くか?シャープ抜き国内3位のファーウェイ

     国内スマホ市場で3位に躍り出たファーウェイ。果たしてファーウェイはこの勢いを持続できるのか。最近の発表会の内容から分析してみよう。(2017/2/24)

  • マイナンバーの誤送付、 漏洩への誤解を払拭すべし

     静岡県湖西市は2017年2月16日、ふるさと納税の事務処理で、寄付者とは別人のマイナンバーを記載した通知書を、住所地の自治体に誤送付したと公表した。174カ所の市区町に送付した1992人分の通知書に誤記載があった。(2017/2/24)

  • デンソーは、なぜNECを選んだのか

     「浮気をするつもりはない。クルマ走行中の潜在的な危険を察知する技術を、NECが持つ人工知能(AI)を使って実用化できるよう、両社で力を合わせていきたい」。デンソーは2016年12月、NECと高度運転支援や自動運転、モノづくりなどの分野で協業すると発表した。(2017/2/24)

  • 三菱UFJ、勘定系システムのAWS移行も

     「Amazon Web Services(AWS)に移行するシステムに“聖域”はない。現時点では計画していないものの、勘定系システムをクラウド化する可能性は十分にある」。三菱東京UFJ銀行の執行役員である亀田浩樹システム本部長兼システム企画部長は日経BP社の取材に対してこう話した。(2017/2/24)

  • 日本では禁じられているスマホの出張修理、事業者は制度の壁を打ち破れるか

     パソコンやデジタル機器のサポートや修理サービスを提供する「ドクター・ホームネット」を運営する日本PCサービス(本社:大阪府吹田市)が、3月からスマートフォンの修理ビジネスに参入する。このほど総務省から登録修理業者としての登録を受けた。(2017/2/23)

  • サイバー防御をレベルアップ、ファイア・アイらがセキュリティインテリジェンスを進化

     「誰が何の目的でどこの何をどんな手法で狙っているか」。サイバー攻撃のコンテキスト(背景)を説明した「サイバー・スレット・インテリジェンス(CTI)」を使いやすくするサービスが拡充してきた。(2017/2/22)

  • 富国生命、Watson導入に2年がかり

     「徹底したビジネスプロセスの見直しが必要だった」。富国生命は2017年1月、日本IBMのWatsonを導入し、保険の給付金査定の一部業務を自動化した。其れまでの人員の約3割が退職するタイミングに備えて、業務改革を進めた。(2017/2/22)

  • ドコモが自動車ビジネスにアクセル踏む、全社横断で3桁の利益目標

     NTTドコモが自動車業界向けビジネスに本腰を入れ始めた。同社の阿佐美弘恭代表取締役副社長をヘッドとした全社横断組織「自動車ビジネスPT」を立ち上げ、現在、自動車業界向けのビジネス戦略を策定中だ。(2017/2/21)

  • NuAns NEOがAndroid採用、OSをWindows 10 Mobileから変更した理由は

     トリニティは2017年2月20日、「NuAns」ブランドのスマートフォン製品第2弾として、「NuAns NEO [Reloaded]」を発表した。注目すべきは、OSを初代モデルのWindows 10 MobileからAndroid 7.1に変更した点だ。NuAns NEOが、なぜ後継モデルでOSを…(2017/2/20)

  • 韓国サムスン電子副会長が逮捕、AIやIoT関連への新規投資は当面ストップか

     2017年2月17日、韓国サムスン電子のイ・ジェヨン副会長が検察に身柄を拘束され、ソウル拘置所に収監された。韓国を代表する財閥企業のオーナーファミリーが拘置所行きとなったことに、韓国中が驚いた。(2017/2/20)

  • ネットワーク機器の“18カ月で起動不能問題”、原因はインテル製SoCの可能性が濃厚

     米シスコシステムズは2017年2月2日、18カ月以上の稼働で故障する可能性がある機器の一覧を公開した。クロック信号が劣化して機器が起動しなくなるという。故障前でも製品保証や保守契約の範囲内で対策済み製品と交換する。(2017/2/20)

  • 東工大スパコン「TSUBAME3.0」が今夏稼働、深層学習の国内最強マシンに

     東京工業大学 学術国際情報センターは、スーパーコンピュータの次世代機「TSUBAME3.0」を2017年7月末頃に稼働させる。米エヌビディアのPascal世代GPU(グラフィックス処理プロセッサ)「Tesla P100」を2160個搭載。深層学習(ディープラーニング)の演算性能では、国内最大となる…(2017/2/17)

  • NTTデータが開発環境をクラウドで義務付け

     NTTデータは2017年4月をめどに、全社のシステム開発環境をクラウド上に集約する。社内のデータセンターから提供する「統合開発クラウド」に、それまで普及を進めてきた開発フレームワークやツール群を集約する。クラウドから利用しやすくして適用プロジェクト数を増やし、生産性を向上させる狙いだ。(2017/2/17)

  • NTT内で浮上する「ネットワークサービスの再発見」とは何か

     「ネットワークサービスの再発見」――。NTTグループ内で2016年後半からこのような新たなキーワードが浮上している。これは何を意味するのか。(2017/2/16)

  • 日産、人事世界統一の凄み

     日産自動車が全世界約12万4000人のグループ従業員を対象に、人事システムの統一を進めている。クラウド型ERP(統合基幹業務システム)を採用し、人材に関する情報を一元化。地域や拠点で異なる人事評価の指標や仕組みを統一し、グローバルレベルで適切な人材配置・活用を図る体制を整える。(2017/2/15)

  • ソフトバンクに続きドコモも参戦、スポーツのライブ配信で可処分時間を奪えるか

     NTTドコモがスポーツ映像のライブ配信でソフトバンクに真っ向勝負を挑む。2017年2月8日、Jリーグの放映権を巨額で獲得した英パフォーム・グループと組み、「DAZN for docomo」を2月15日に始めると発表した。先行するソフトバンクと可処分時間の奪い合いが激しくなりそうだ。(2017/2/15)

  • 知られざる暗号の“2017年問題”、安全サイトが突如警告サイトに

     フィッシング対策協議会は2017年1月、TLS/SSLを使っているWebサイトにアクセスすると、正規のサイトであっても警告が表示される場合があるとして注意を呼びかけた。「SHA-1」を使っているサーバー証明書が「安全ではないサイトの証明書」と見なされるようになったためだ。(2017/2/15)

  • EUデータ保護規則への対応急ぐ、楽天とIIJが包括的な認可取得

     日本企業が、EU(欧州連合)が2018年5月から適用する一般データ保護規則(GDPR)への対応を急いでいる。楽天は2016年12月、個人データの取り扱いで包括的な承認を得たと発表。インターネットイニシアティブ(IIJ)も2017年秋の承認を目指す。(2017/2/14)

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る