• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース解説

2010/04/15 日経コンピュータ

目次

  • 顧客の流出防止に躍起、携帯大手の4~6月期決算

     通信大手3社の2017年4~6月期連結決算はそろって増収増益だった。ただ、主力の携帯電話事業は格安スマホの攻勢を受け、楽観できない状況が続く。各社とも顧客の囲い込みに躍起となっており、流出防止策の強化による利益のマイナス影響が目立ってきた。(2017/8/23)

  • 超小型人工衛星で量子通信、世界初のNICT実験は何がすごいのか?

     情報通信研究機構(NICT)は2017年7月11日、超小型人工衛星を使った量子通信の実証実験に世界で初めて成功したと発表した。量子通信は、光通信を超える大容量データ転送を実現できる夢の通信技術として期待されているものだ。(2017/8/22)

  • バカンス先で仕事がはかどる!? JALが挑む「ワーケーション」

     JALは2017年7月から8月にかけて、テレワークの新たな形態を試みている。その名は「ワーケーション」。働くという意味の「ワーク」と休暇の「バケーション」を組み合わせた造語で、実家やリゾート地などの旅行先で休暇を楽しみつつ、テレワークもする働き方を指す。(2017/8/22)

  • 最も大事なのは「ロマンス」、スターバックスが異色のIT戦略

     スターバックス コーヒー ジャパンの2020年までのIT戦略が取材によって分かった。IT戦略の名称は「ONWARD(未来へ)」。顧客接点の強化や新サービスの創出といった“攻めのIT”を強化する方針だ。(2017/8/21)

  • 銀行ではイノベーションできない!?みずほ銀がIT会社を新設した理由

     銀行内だけでは新しいイノベーションが生まれない可能性がある。だから銀行の外に新会社を作った――。みずほ銀行が新設したBlue Labの山田大介社長はこう言い切る。(2017/8/21)

  • 個人の価値を売買できる「VALU」の法的な位置づけは?

     個人の価値を反映したデジタルトークンを自由に発行し、他人と売買できるとうたうサービス「VALU」。人気YouTuberが自ら発行したトークンを「売り逃げ」、後に批判を受けて買い戻す事案が発生するなど、物議を醸している。(2017/8/18)

  • IT大手4社の4〜6月期決算、通年では「働き方改革特需」のプラス効果に期待

     国産IT大手4社の2017年4〜6月期連結決算が2017年8月3日に出そろった。富士通とNEC、NTTデータは増収増益、日立製作所は減収増益と4社とも増益だった。(2017/8/10)

  • 本番秒読み、羽田空港がおもてなしIT

     2020年、日本の玄関でITを使ったおもてなしを――。NTTや東京国際空港ターミナル(TIAT)、日本空港ビルデング(空ビル)、パナソニックの4社が進めている、羽田空港でのITを活用した訪日外国人向けの案内に関する実証実験が大詰めを迎えている。(2017/8/10)

  • テストは人工知能に任せろ

     手間の掛かるテストは人工知能(AI)に任せる――。そんな時代が現実的になってきた。TRIDENTは2017年7月24日、AIを活用してスマートフォンアプリのシステムテストを自動化するクラウドサービス「Magic Pod」のベータ版を一般公開した。「1年以内に正式版をリリースする」(伊藤望社長)。(2017/8/8)

  • リクルートのレッドチーム、その脆弱性発見力

     セキュリティ対策は、「システムをどう守るか」という観点で考えるのが一般的だ。これに対し、「攻撃者ならどう攻撃するか」という視点から社内のシステムの脆弱性を洗い出す特殊なセキュリティ対策組織が「レッドチーム」である。(2017/8/8)

  • 結果にコミット?CRMで売り上げ10億円増を狙うRIZAP

     フィットネスジム運営などを手掛けるRIZAPグループは2017年10月をメドにCRM(顧客関係管理)システムを本格稼働する。蓄積したデータを分析することで、顧客ごとに最適な商品・サービスを提案。顧客満足度と顧客一人当たり売上高を向上させる考えだ。新システムの導入後1年間で10億円の売り上げ増を見込…(2017/8/7)

  • ファミマが110億円かけてPOSレジ刷新、「客層ボタン」を廃止

     ファミリーマートは2017年7月末から「次世代POS(販売時点情報管理)レジ」の導入を始めた。全国の約1万8000店に順次展開し、2018年2月までに導入を終える。POSレジを全面刷新するのは約11年ぶりだ。(2017/8/7)

  • 仮想通貨による資金調達が加速?国内初ICO支援サービスの中身

     テックビューロは2017年8月3日、企業が独自の仮想通貨を発行することで資金を調達する「ICO(Initial Coin Offering)」を支援するサービス「COMSA」を始めると発表した。(2017/8/3)

  • 鳴り物入りのマイクロソフト「Azure Stack」、誰向けか?

     米マイクロソフトのクラウドサービスAzureの一部機能をオンプレミス環境で提供するアプライアンス製品「Azure Stack」が、2015年の発表から2年を経てついに登場する。出荷開始は2017年9月上旬の予定だ。早くも販売戦略を巡ってマイクロソフトとパートナー企業の間で隔たりが見られる。(2017/8/3)

  • 35億円の追加支出に開発遅れも、マイナンバーの情報連携システム

     会計検査院は2017年7月26日、マイナンバー制度で行政機関などが個人情報をやりとりするための情報連携システムについて報告書を公表した。(2017/8/2)

  • 定型作業を自動化するRPA、クラウドでロボットが動くサービスも

     大手から新興まで、IT企業が続々とRPAに参入している。NEC、NTTデータ・ビズインテグラル、NTTデータイントラマートがそれぞれRPAツールや導入支援サービスを発表。ERPやBPMと連携し、全社規模のRPA導入を支援する。(2017/8/2)

  • Amazon PollyでAIアナウンサー、AWS機械学習がじわり浸透

     アマゾン ウェブ サービス ジャパンは2017年7月31日、同社がAmazon Web Services(AWS)で提供する機械学習サービス「Amazon Polly」と「Rekognition」について、国内における最新の導入事例を紹介した。(2017/8/1)

  • 働き方改革をAIが指南、TISやPwCコンサルなどが新サービス

     働き方改革の方針を人工知能(AI)で導き出す新サービスが相次ぎ登場している。2017年7月24日、政府はテレワーク・デイを開催。数千人規模で取り組んだNTTデータなど600社以上が参加する盛り上がりを見せている。各社は旺盛な関連需要を狙う。(2017/7/31)

  • IBMメインフレーム、「15年に一度の大型アップデート」

     日本IBMは2017年9月13日、大型メインフレームの新機種「z14」の出荷を始める。暗号化機能などセキュリティ面を大幅に強化したのが特徴だ。サイバー攻撃対策を急ぐ企業の需要を取り込み、需要減の逆風に挑む。(2017/7/28)

  • 工事進行基準は廃止、受託ソフトの会計処理に新基準

     日本の会計基準を作成する企業会計基準委員会(ASBJ)は2017年7月20日、企業の売上高に関する会計処理を定める「収益認識基準」の草案を公開した。これまで受託ソフトウエア開発に適用されていた工事進行基準を定めた基準が廃止になるため、ITベンダーの会計処理に影響がある。(2017/7/27)

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る