• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ニュース解説

2010/04/15 日経コンピュータ

目次

  • 機械学習で変わるBIツール、データの関連性を自動発見

     企業の利用部門が自分でデータ分析をするためのBIツールである「セルフサービスBI」で、機械学習の活用が始まっている。エンドユーザーは専門家であるデータアナリストに比べると、システムや分析に詳しくない。これを補うように、機械学習が専門家のノウハウを肩代わりするのが、セルフサービスBIの新しい流れだ。(2017/6/28)

  • 飛び交うドローンを交通整理、運航管理システムを3年で実用化へ

     ドローンの本格活用を推進するため、運航管理システムを研究開発する国家プロジェクトが始動する。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が2017年6月15日、「無人航空機の運航管理システム」の研究開発に関する説明会を開催。ドローンを活用するための基盤となるシステムを3年間で開発し、実用化を目指…(2017/6/28)

  • マクドナルドはどうして障害原因が「WannaCryかも」と言ったのか

     日本マクドナルドは2017年6月19日、社内ネットワークにウイルスが侵入し、電子マネーによる決済やポイントサービスを利用できなくなったと公表した。ウイルスの正体を「WannaCryかもしれない」としたが、ランサムウエアであれば脅迫文ですぐに気付くはず。どうして「WannaCryかも」と言ったのか。(2017/6/28)

  • ヤマハはどうしてSIPサーバーをひっそり復活させたのか

     ヤマハは2017年6月、同社のWebサイトにSIPサーバー「YSL-V810」の製品情報を追加した。同社は2014年9月にSIPサーバーの販売を終了しており、約3年ぶりの復活させた。しかし、新製品なのにプレスリリースを出していない。どうしてひっそり発表したのか、その秘密を探る。(2017/6/26)

  • メルカリの個人情報流出、陥った「no-cache」の罠

     フリーマーケットサービスのメルカリで個人情報が流出する事故が起こった。iOS/Androidアプリ版ではなくWebアプリ版で発生。あるユーザーが自分の情報を表示しようとすると、他のユーザーの情報が表示されてしまうというものだ。いったい何が起こったかを解説する。(2017/6/26)

  • 明らかになったLINEの戦略、アプリからAIへ

     LINEが人工知能(AI)による新たな戦略を明らかにした。同社のクラウドAI「Clova」を、スマートフォンアプリに代わる新たなサービス基盤として構築する。(2017/6/26)

  • 初のセキュリティ国家資格試験、「講習義務付け」で敬遠されたか?

     2017年6月21日、第1回「情報処理安全確保支援士試験」の受験者数や合格者などが発表された。「国内初のサイバーセキュリティの国家資格」という触れ込みがある一方で、有料の講習が義務付けられるなどの不安材料もあったが、受験者数はセスペ試験より若干少ない程度で、合格率はほぼ同じだった。(2017/6/26)

  • 職場の風通しの良さ、会話量をIoTで地図表示

     三井ホーム子会社でオフィスの設計などを手掛ける三井デザインテックが、ITを駆使した新ビジネスに乗り出す。日立ソリューションズと協業し、従業員の会話量を可視化するツール「インテリジェントサーベイ」の開発を始めると2017年5月19日に公表した。(2017/6/26)

  • グーグルが弱点克服、企業向けクラウドで追撃

     グーグル日本法人は2017年6月14~15日、Googleのクラウドサービスをテーマにしたイベントを開催。来日した米GoogleでGoogle Cloud シニア バイス プレジデントを務めるダイアン・グリーン氏は、日本市場向けのビジネスが好調に推移していることを説明した。(2017/6/23)

  • 空飛ぶクルマの衝突事故、先進ITを生かしたバス会社の危機対応力

     バス運転手の目の前に、突如として飛び込む乗用車―――。多くのテレビ視聴者を釘付けにしたこの映像を、NHKは事故のわずか4時間半後に報道した。映像はバスの運行会社が提供したものだった。(2017/6/23)

  • 次に来るネットワーク技術、Interopの受賞製品を分析

     2017年6月7日~9日に開催された「Interop Tokyo 2017」。出展企業各社の製品、サービスを表彰する「Best of Show Award」では、1年間に発売または発表された製品/サービスを対象に審査し、表彰する。受賞した中から注目の新製品/サービスを紹介していこう。(2017/6/22)

  • グランプリはファナック、第11回 IT Japan Award受賞企業が決定

     ITベンダーやベンチャー企業、ライバル企業も巻き込み、多種多様な工作機械や産業用ロボットを連携させるIoT(インターネット・オブ・シングズ)の標準プラットフォームを作る―。優れたIT 活用事例を表彰する「ITJapan Award 2017」(主催:日経コンピュータ)の受賞企業が決まり、グランプリ…(2017/6/22)

  • Pepperの弟は二足歩行か、ロボット買収を急ぐソフトバンクの真意

     ソフトバンクグループは2017年6月9日、米グーグルの持ち株会社米アルファベット傘下でロボット開発を手掛ける米ボストン・ダイナミクスとSchaftの2社を買収すると発表した。新たに買収するロボット2社は四足歩行や二足歩行で転倒せずバランスを保つ技術に長ける。(2017/6/21)

  • 家電やドローンにAIを搭載、パソナテックが新たな開発フレームワーク

     パソナテックが、組み込み機器に深層学習(ディープラーニング)の機能を埋め込めるソフトウエア開発フレームワーク「コキュートス」の提供を始めた。これを使えば、例えばドローンや家電などがネットワーク越しに問い合わせることなく、単体でカメラに映っている物体を認識するといった人工知能(AI)機能を実現できる…(2017/6/21)

  • AIカメラとエッジ技術で来店客を分析、万引き防止も視野に

     九州・福岡を本拠とするディスカウントストアのトライアルカンパニーは2017年内にも、数十台から100台規模のネットワークカメラで来店客の行動を分析する新システムの本格導入を始める。年齢や性別、売り場の回遊ルートなどを把握し、購買データとひも付けて販促活動の効果などを分析。AI技術と組み合わせ万引き…(2017/6/20)

  • ビッグデータ独占防止に指針、「過剰規制」に危惧も

     公正取引委員会は2017年6月6日、ビッグデータの公正な流通や活用を促すため、不当なデータ収集などの行為に独占禁止法を適用する指針を公表した。(2017/6/19)

  • インテル新メモリー「Optane」の本領発揮は2018年

     2017年6月16日にインテルが開催したメモリー事業に関する説明会で、米インテル幹部が「2018年に製造施設の一つをNANDからOptaneに切り替える」と宣言した。NANDは現在主流のフラッシュメモリー。Optaneは、DRAM並みの応答速度と不揮発性を兼ね備えたインテルの新メモリーだ。(2017/6/19)

  • マイライン廃止はほぼ決まり、ささやかれる「NTT独占時代への回帰」

     総務省は、NTTの加入電話網(PSTN)が2025年頃に維持限界を迎えることを受け、IP網への円滑な移行に向けた議論を進めている。2017年6月7日開催の有識者会議では事業者間で意見が割れていたマイラインの扱いが議論され、廃止の方針がほぼ固まった。(2017/6/16)

  • 古河電工の選択、IT子会社の生きる道

     古河電気工業がIT子会社を軸に、グループ全体のIT戦略の強化に乗り出す。IT子会社である古河インフォメーション・テクノロジー(FITEC)の発行済株式の51%を富士通に譲渡して業務提携を結ぶ。(2017/6/16)

  • AWS事例を数十社が披露、サーバーレスシフトが鮮明に

     アマゾン ウェブ サービス ジャパンが開催する年次イベント「AWS Summit Tokyo 2017」では、数十の企業ユーザーが利用事例を披露。サーバーレスアーキテクチャーを実現するイベント駆動型コード実行サービス「AWS Lambda」の使いどころを、クックパッドやグリーが示した。(2017/6/15)

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る