• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Windowsコラム

Microsoft、EU向け「ブラウザ選択画面」の表示バグを修正

Paul Thurrott 2010/03/11 ITpro

 米Microsoftは、EU地域向け「Windows 7」「Windows Vista」「Windows XP」に新規追加した「ブラウザ選択画面」にバグがあるとの指摘を受けた。そこで同社は、Webブラウザの表示順序がきちんとランダムになるよう、こっそりとコードを直した。修正前のアルゴリズムは、1番目に表示するWebブラウザが特定のものに偏っていた(関連記事:EU、Windowsのブラウザ選択画面を1億人で利用可能と発表)。

 Microsoftの広報担当ディレクタ、Kevin Kutz氏は今回の修正について「欧州向けに提供しているブラウザ選択画面でWebブラウザ用アイコンの表示アルゴリズムを変え、順番がランダムになるようにした。この変更は改善につながるはずだ。当社は今回の件で開発者からのフィードバックに感謝しているし、意見や変更のアドバイスをしてくれた方々にお礼を伝えたい」と述べた。

 問題のブラウザ選択画面は、Microsoftが欧州連合(EU)の執行機関である欧州委員会(EC)と同意した和解条件に含まれている機能だ(ECはMicrosoftとライバル関係にあるWebブラウザ・ベンダーであるノルウェーOpera Softwareの訴えを受け、競争法違反の疑いでMicrosoftを調査していた)。ブラウザ選択画面を目にしたWindowsユーザーは、最初から入っている「Internet Explorer(IE)」以外にもWebブラウザが存在すると知り、使ってみることができる。ただしこの画面は、デフォルトWebブラウザにIEを設定している場合だけ現れる。ブラウザ選択画面は、上位5種類のWebブラウザを平等にランダムな順番で表示する。

 だが、この表示をさせるコードに実装のミスがあり、米Googleの「Chrome」がほかのWebブラウザよりも1番目に表示されやすくなっていた。しかもMicrosoftのIEは5番目になることが多かった。そこでMicrosoftはコードを修正し、Webブラウザ上位5種類の表示順序をきちんとランダムになるよう直した。

 表示アルゴリズムにあった問題を紹介してくれた米IBMの技術者、Rob Weir氏は「この変更で問題が解決した。動作が非常に速くなったし、新たなランダム表示アルゴリズムはうまく動いている。申し分ないように思う」と述べている。

 なお、ブラウザ選択画面は一部の無名Webブラウザに若干の新規ユーザーをもたらした。こうした新たなユーザーは、ブラウザ選択画面でこれらWebブラウザの存在を初めて知ったに違いない。我々は今まで「Sleipnir」や「Maxthon」といった個性的なWebブラウザを使わず、どうやってWebにアクセスしていたのかよく思い出せない。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【グルメサイトRettyのAI舞台裏】

    Rettyが50万円で作った儲かるAI

     AI(人口知能)が人から仕事を奪う。これは遠い未来のことではありません。私がCTO(最高技術責任者)を務めるグルメ情報サービスRettyでは、深層学習などの技術を使って、従来は人がしていた仕事を自動化するAIを開発し、運用しています。

  • 【ニュース解説】

    副業解禁のインパクト

     働き方改革の一環として、企業で働く社員の「副業」に注目が集まっている。副業は新たな収入源の確保、転職しなくても新しい仕事にチャレンジできるといったポジティブな側面がある。一方、過重労働や本業と副業での利益相反といった懸念もある。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る