• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

国策スーパーコンピュータの行方を追う

次世代スパコンの国家プロジェクトは必要か

2009/11/24 日経コンピュータ
写真●かつて“世界最速”を誇った国策スパコン「地球シミュレータ」(写真提供:海洋研究開発機構)
写真●かつて“世界最速”を誇った国策スパコン「地球シミュレータ」(写真提供:海洋研究開発機構)
[画像のクリックで拡大表示]

 政府の行政刷新会議は2009年11月13日、事業仕分けで、文部科学省が推進する次世代スーパーコンピュータ事業を事実上の「凍結」と判定した。「NECと日立製作所が今年5月に撤退し、大幅なシステムの仕様構成を変更しており見通しが不透明」などの判断が働いたためだ。

 これに対して、文科省の関係者から「長い目で見ると国内のIT業界にとって重大な損失」とする声が出ていたほか、研究者からも日本の国際競争力の低下を懸念する声が相次いで上がった。政府内でも、菅直人副総理・国家戦略相や仙谷由人行政刷新担当相らが、判定の見直しの可能性に言及するなど、国策スパコンの存廃を巡る議論は熱を帯びている。

 この国策スパコンは、かつて“世界最速”を誇った「地球シミュレータ」の後継機。毎秒1京回の浮動小数点数演算を行う「京速計算機」を、2012年をメドに完成させる予定だった。果たして、国策スパコンは不要か、あるいは必要か。必要だとしても、今の体制で継続することが正しいのか。百家争鳴の中、国策スパコンの行方を追う。

国策スパコン、復活の意義を問う

 凍結か復活か---。無駄な予算を判定する事業仕分けで事実上の凍結判定とされつつも、研究者たちの猛反発を受けて、当初の概算要求額より40億円減額の227億円で、2010年度の予算が復活した国家プロジェクト、次世代スーパーコンピュータ。しかし、総額約1200億円の同プロジェクトは、国民が納得する理由を伴って復活したのだろうか。事業仕分けで指摘された、凍結せざるを得ないとされた理由に対し、十分に納得できる説明がなされたのだろうか。識者と読者の声を通じて、改めて、「国策スパコン復活」の意義を問う。

揺れる事業仕分けの判定

【東葛人的視点】あえてもう一言、国策スパコンを作る目的は何なのか [2009/11/27]

【記者のつぶやき】国産の次世代スパコンは必要でしょうか?  [2009/11/27]

次世代スパコンの凍結、関係者の猛反発を受け政府・与党が復活を示唆 [2009/11/24]

【東葛人的視点】国策スパコンを事業仕分けで凍結,これはグッドニュースだ [2009/11/20]

次世代スパコン,事業仕分けで事実上の「凍結」と判定 [2009/11/13]

国策スパコン復活へ、総合科学技術会議が「改善を行いつつ推進」と評価 [2009/12/10]

国策スパコン開発、8割の読者が議論の必要性を指摘 [2009/12/16]

国策スパコンは予算227億円で続行、目標は「世界一」から「世界最速レベル」へ [2009/12/16]

NECと日立の撤退の波紋

【乱反射】性能競争のイタチごっこから脱した 次世代スパコン開発の行方 [2009/09/09]

【乱反射】スパコン国家プロジェクト NEC脱落の真相 [2009/06/08]

NEC,国策の次世代スパコン開発から撤退,「事業は継続」と強調 [2009/05/14]

[続報]国策スパコン,複合システム断念へ [2009/05/14]

[続々報]「残念だが税金の無駄遣いにはしない」,国策スパコン開発リーダーに聞く [2009/05/14]

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る