• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

全問解説◆ITパスポート試験

セルに入力する計算式として,正しいものはどれか

小倉 美香=アプリケーションデザイナー 2009/09/29 ITpro

問題

問87 セルA1~A10に表のような数値が入力されており,セルB1~B10に計算式が入力されている。このときのセルB1~B10の計算結果とセルC1~C10の計算結果がそれぞれ同じ数値となるようにするために,最初にセルC10に計算式を入力し,次にセルC10をセルC1~C9に複写したい。セルC10に入力する計算式として,正しいものはどれか。
※表計算ソフトの機能・用語

ア 合計(A$1~A10)
イ 合計(A$1~A$10)-合計($A$1~A10)
ウ 合計(A$1~A$10)-合計($A$10~A10)
エ 合計(A$1~A$10)-合計($A$1~A10)+A10

テクノロジ系>コンピュータシステム>ソフトウェア>開発ツール

解説と解答

 セルB1~B10の計算結果とセルC1~C10の計算結果がそれぞれ同じ数値となることから,まず,セルB1~B10に入力されている計算式の内容を検討します。

セルB1:A1
セルB2:B1+A2=A1+A2
セルB3:B2+A3=A1+A2+A3
セルB4:B3+A4=A1+A2+A3+A4
    (途中省略)
セルB9:B8+A9=A1+A2+A3+A4+…+A9
セルB10:B9+A10=A1+A2+A3+A4+…+A9+A10

 以上より,セルB2ではセルA1~A2の合計を,セルB3ではセルA1~A3の合計を,セルB10ではセルA1~A10の合計を求めていることが分かります。すなわち,セルB1~B10には,それぞれの行番号に対応するA列の累計を求めるための計算式が入力されています。

 ここで,選択肢の計算式を見てみましょう。すべての計算式では,合計関数を利用していることが分かります。合計関数を利用してセルB1~B10と同じ計算結果を得るためには,セルC1~C10には次のような計算式を入力する必要があります。

セルC1:合計(A1~A1)
セルC2:合計(A1~A2)
   (途中省略)
セルC9:合計(A1~A9)
セルC10:合計(A1~A10)

 以上より,セル10に入力する計算式は「合計(A1~A10)」が基本となります。ただし,セルC10に入力する計算式は,セルC1~C9に複写されることに注意しましょう。合計する範囲の先頭のセルA1は,複写後の計算式でもそのままA1を参照する必要があるので,A1の行番号1の部分を絶対参照で「A$1」と指定します。よって,セルA10に入力する計算式は,「合計(A$1~A10)」となります。

 以上より正解は,選択肢アです。

小倉 美香(おぐら みか)
アプリケーションデザイナー 代表取締役
情報サービス会社の勤務を経て,1998年より現職。保持する資格は,プロジェクトマネージャ,テクニカルエンジニア(ネットワーク),同(情報セキュリティ),基本情報技術者など多数。著書に「短期完全マスター ITパスポート 2009年版」などがある。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    AIと倫理、燃え上がる議論

     人工知能(AI)に倫理性を持たせるための議論が、民間企業や学術界で白熱している。米マイクロソフト(MS)規制関連分野担当 バイスプレジデントのデイヴィッド・ハイナー氏は、2017年3月16日に都内で開催した記者説明会の中で、同社が「Trusted AI(信頼できるAI)」と呼ぶ取り組みを紹介した。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る