• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

全問解説◆ITパスポート試験

電子メールがウイルスを含んでいた場合,適切な処置はどれか

小倉 美香=アプリケーションデザイナー 2009/09/28 ITpro

問題

問84 業務中に受信した電子メールの添付文書をワープロソフトで開いたら,ワープロソフトが異常終了した。受け取った電子メールがウイルスを含んでいた可能性が考えられる場合,適切な処置はどれか。

ア PCをネットワークから切り離した後,OSの再インストールをする。
イ PCをネットワークから切り離した後,速やかにシステム管理部門の担当者に連絡する。
ウ 現象が再発するかどうか,必要ならワープロソフトを再インストールして現象を確かめる。
エ 社員全員にウイルス発生の警告の電子メールを発信する。

テクノロジ系>技術要素>セキュリティ>情報セキュリティ対策・情報セキュリティ実装技術

解説と解答

 業務中に受信した電子メールがウイルスに感染している可能性がある場合,ほかのPCに感染の被害が拡大するのを防ぐため,そのPCをネットワークから切り離します。その後で,速やかにシステム管理部門(サービスデスクなど)の担当者に連絡し,どのように対処すべきかの指示を仰ぎます。

 OSの再インストールを行うかどうかは,システム管理部門が判断します。利用者の判断でOSの再インストールを行うのは不適切です。よって選択肢アは誤りです。

 現象が再発するかどうかを確かめている間に,ウイルス感染が拡大する可能性があります。このような場合に最初に行うべきことは,感染が疑われるPCをネットワークから切り離すことです。そのため選択肢ウは誤りです。

 社員全員にウイルス発生の事実を知らせるかどうかを判断したり,必要な場合にその事実を通知したりするのは,システム管理部門の役割です。利用者が独自の判断で行うのは不適切です。よって選択肢エの記述も誤りです。

 以上より正解は,選択肢イです。

小倉 美香(おぐら みか)
アプリケーションデザイナー 代表取締役
情報サービス会社の勤務を経て,1998年より現職。保持する資格は,プロジェクトマネージャ,テクニカルエンジニア(ネットワーク),同(情報セキュリティ),基本情報技術者など多数。著書に「短期完全マスター ITパスポート 2009年版」などがある。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る