• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

全問解説◆ITパスポート試験

最後に引き出しにしまうファイルはどれか

小倉 美香=アプリケーションデザイナー 2009/09/28 ITpro

問題

問85 ファイルを4冊だけ置くことができる机で,A~Fの6冊のファイルを使って仕事をする。机上に5冊目のファイルを置きたいとき,机上の4冊のファイルのうち,最後に参照してから最も時間が経過しているファイルを引き出しにしまうことにする。ファイルがA,B,C,D,B,A,E,A,B,Fの順で必要になった場合,最後に引き出しにしまうファイルはどれか。

ア A
イ B
ウ D
エ E

テクノロジ系>基礎理論>アルゴリズムとプログラミング>アルゴリズム

解説と解答

 このような問題では,問題文の指示に従って,机上のファイルがどんな風に変わっていくか,図を描いてみるとよいでしょう。ここでは,次のことに留意します。

●机にはファイルを4冊だけ置くことができる
●ファイルの種類はA~Fの6冊である
●5冊目のファイルを置くときは,最後に参照してからの経過時間が最も長いファイルを引き出しにしまう

 ファイルを参照する順番は,(1)A,(2)B,(3)C,(4)D,(5)B,(6)A,(7)E,(8)A,(9)B,(10)Fの順です。机上に置かれていくファイルの流れは,次のようになります。

 以上より,最後に引き出しにしまうファイルはDであることが分かります。

 なお,「最後に参照してから最も時間が経過しているものを作業対象から追い出す」という考え方をLRU(Least Recently Used)方式と言い,主記憶(メインメモリー)の容量よりも大きなプログラムを効率的に読み込むための代表的なアルゴリズムの一つです。

 以上より正解は,選択肢ウです。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    IoTで一石二鳥、オークマが日立Lumadaを活用

     工作機械のオークマは、日立製作所のIoT(インターネット・オブ・シングズ)基盤「Lumada」を新鋭工場「Dream Site2(DS2)」へ導入し、2017年6月に本格稼働する。同社の既存工場と比べて時間あたりに処理できる部品加工の作業量を2倍に増やし、多品種少量生産の効率を高める。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る