• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

マークアップ・エンジニアたちのTips

第1回 CSSサポートが不十分なIE 6でサイトの表示品質を保証する

2009/08/31 ITpro
株式会社まぼろし
株式会社まぼろし 2008年8月設立。アクセシビリティ,ユーザービリティ,CMSの導入,SEO/SEMといったWebサイト制作から,ROIを意識したブランディング,ソーシャルメディアを用いたユーザーとのコミュニケーションの最適化など,マーケティング活動までを手がけるクリエイティブユニット。

 2009年3月18日にInternet Exploler(以下IE)8が米国で正式公開されました。日本語版も同月20日からダウンロード可能になり,多くの制作者が実際に触れてみたことでしょう。しかし,それから4カ月が経とうとしている現在でもIE 8へのアップグレードはスムーズに行われていないようです。

 筆者がアクセス解析を見た範囲では,IEのシェアが全体の85~95%前後,さらにIEの中では6と7が約45%前後,8のシェアが10%弱ということろです(7月6日時点)(表1)。

表1●3サイトにおけるIEとバージョンごとのシェア(Google Analytics調べ)
対象サイト全体におけるIEのシェアIE6,7,8のシェア
サイトA 84.90%
  • 46.28%
  • 44.42%
  • 8.78%
サイトB 82.68%
  • 45.13%
  • 45.55%
  • 7.21%
サイトC 93.49%
  • 46.18%
  • 46.03%
  • 7.04%

 こうした状況の中であっても,我々のようなマークアップを仕事とする人は,CSSサポートが不十分なIE 6でもサイトの表示品質を保証することが求められます。ということで今回は,IE 6の「クセ」「バグ」「未サポート」の3つに分けて,Webページコーディングにおける代表的なIE 6への対応方法について書いていきます(CSS2.1をベースにしています)。

IE 6のクセ

・文字サイズをpx単位で指定するとブラウザの文字サイズ変更機能が利用できなくなってしまう

 IE 6対応として最もメジャーな問題の一つです。PCディスプレイの解像度は環境設定さえ変えなければ常に一定ですから,文字サイズをpx単位で指定したときに文字サイズ変更機能が利用できなくなることはうなずけます。しかし,ブラウザで文字のサイズが変えられないのは利用者の立場にたってみれば迷惑この上ないことです。

 この問題は,「キーワード(small,medium,largeなど),em,%」などで文字サイズを指定することで回避可能です。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ IE 6のバグ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    IoTで一石二鳥、オークマが日立Lumadaを活用

     工作機械のオークマは、日立製作所のIoT(インターネット・オブ・シングズ)基盤「Lumada」を新鋭工場「Dream Site2(DS2)」へ導入し、2017年6月に本格稼働する。同社の既存工場と比べて時間あたりに処理できる部品加工の作業量を2倍に増やし、多品種少量生産の効率を高める。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る