Windows

情報システムのトピックス-PR-

ISOなどのイメージ・ファイルからデータを直接コピーできる「IsoBuster」

2009/07/09
松本 寿浩

■「IsoBuster」はディスク・イメージ・ファイルを読み込み,その内容を表示して,ファイルをハードディスクなどにコピーできるツールである。対応するイメージ・ファイル形式は多数にのぼる。
■CD/DVDメディアを作成することなく,イメージ・ファイルからファイルを読み取り,コピーすることができる簡便さがメリット。また,書き込み失敗や傷などが原因で読み取れなくなったCD/DVDメディアからのファイルのリストアや,マルチセッション方式で作成されたCD/DVDメディア内の全セッションの読み取りもできる。

■ソフト名 IsoBuster(バージョン2.5)
9x ME NT 2000 XP 2003 Vista
英語
■開発 Smart Projects社
■URL http://www.isobuster.com/
■ファイル isobuster_all_lang.exe(4,718,960バイト)
japanese.dll(Version 1.7用日本語化ファイル64,000バイト)
■対応OS Windows 95/98/Me/NT 4/2000/XP/2003/Vista
(XP/2003/Vistaは64ビット版も対応)
■価格 $29.95(無料版としても利用できるが,機能はかなり限定される)
■評価
(5段階)
★★★★☆

 ISO形式のファイルに代表されるディスク・イメージのファイル(ファイルやフォルダ構造を保ったまま複製・保存したデータやプログラム。以下,「イメージ・ファイル」と略記)を扱う機会が増えてきている。パッケージ・ソフトウエアやシェアウエア,フリーソフトの配布形式としてイメージ・ファイルの形式でダウンロードさせるものも数多い。例えば,記憶に新しいものとしては,Windows 7のベータ版やRC(Release Candidate:製品候補)版なども,イメージ・ファイルの形式で配布されている。また,バックアップ・ツールの中には,ハードディスクのイメージ・ファイルを作成するという方式のものもある。さらに,仮想CD/DVDツールを使用し,CD/DVDのイメージ・ファイルを利用しているユーザーも多いことだろう。

 これらのイメージ・ファイルは,ディスク上のファイルとしては「iso/bin/img」などのさまざまな拡張子がつけられた単一のファイルとなっている。このため,このイメージ・ファイルから特定のファイルだけをコピーしたいような場合でも,直接に読み出すことはできない。その中に書き込まれているファイル情報をプログラムやデータとして扱うためには,CD/DVDメディアにいったん書き込むか,あるいは仮想CD/DVDツールでCD/DVDとして読み込むなどの操作が必要になる。そのため,ライティング・ツールや仮想CD/DVDツールを持たない場合や,そもそも書き込み可能なCD/DVDデバイスが装着されていないコンピュータを利用している場合は,このようなイメージ・ファイルを扱うことが難しくなる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteでクリップする
  • 印刷する

今週のトピックス-PR-

この記事に対するfacebookコメント

nikkeibpITpro

▲ ページトップ

CIO Computerworld
ITpro EXPO 2014

Twitterもチェック

執筆者一覧

イベントINFO -PR-

最新号

注目の書籍

好評発売中!

XperiaモバイルAV活用ブック[docomo Z2/au ZL2対応]

もはや「AV端末」! Xperia最新機種を フルに使いこなすためのガイドブック