• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

2009年GWスペシャル-上半期の話題を総まとめ

[マネジメント]J-SOX初年度の混乱の中,国際会計基準の足音が聞こえる

田中 淳=ITpro 2009/04/27 ITpro

 マネジメント分野での2009年上半期の話題と言えば,J-SOX(日本版SOX法)適用初年度の大詰めを迎えることだろう。主に上場企業に対して財務報告にかかわる内部統制の整備・運用を求めるJ-SOX(内部統制報告制度)は,3月期決算の企業なら2009年3月期から適用になる。

 多くの企業が2009年上半期中に,内部統制報告書の提出に向けて大詰めの時期を迎える。無用な混乱を避けるため,金融庁がQ&A集を追加で出すなどしているが,何しろ各社にとって初めての経験である。混乱を避けるのは難しそうだ。対応企業は監査人と密に連携し,着実で冷静な対応が求められる。

[関連記事]
「重要な欠陥」の判断などに重点,金融庁がJ-SOX Q&A集2度目の追加
公認会計士協会がJ-SOX向け監査指針改正案,「重要な欠陥」を詳細に説明
【記者のつぶやき】結局,「J-SOX」とはどんな制度なのか
【特集】J-SOX 追い込み

 その一方で,J-SOX適用2年目に向けたビジネスが始まっている。米国でも,米SOX法(サーベインズ・オクスレー法)適用2年目以降に,内部統制の効率化を支援する製品やサービスが多く登場した。日本でも同様の動きが始まりつつある。

[関連記事]
J-SOX2年目以降の評価の負担を軽減,日立ソフトが支援製品の新版
J-SOX対応を効率化,TISが「2年目以降」を対象に支援サービス
「J-SOXの有効性評価を請け負います」、アビームが新サービスを開始
狙いはJ-SOX 2年目以降のコスト削減,オラクルが職務分掌管理ソフト

IFRS関連製品やサービスが登場

 J-SOX2年目以降の動きで,最も大きな波になりそうなのは「国際会計基準(IFRS)」だろう。早ければ2015年にIFRSを全面適用する方向性を打ち出した中間報告案が出たことで,全面適用が一気に現実味を帯びてきた()。

図●IFRSに関する中間報告案
図●IFRSに関する中間報告案

 IFRSに関しては,まだ流動的な部分が多いがすでにベンダーの動きも活発化している。ITproでも継続して情報を提供していく予定である。

[関連記事]
IFRS対応にかかるコストを1週間で算定,ベリングポイントが診断サービス
「パートナーとの連携で経営に貢献」,オラクルがIFRSパートナーコンソーシアム
アビームがIFRS対応の専門組織,独自方法論で支援
【基本から学ぶ国際会計基準】なぜ国際的な会計基準が必要なのか
【記者のつぶやき】次の“大波”は「国際会計基準」,かもしれない

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る