• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

萩本・匠スタイル研究所

第5回 雑談の中からの創発=提案とは何か(その2)

萩本 順三=匠Lab代表取締役 2009/04/23 日経コンピュータ

 ビジネスとITの摩訶不思議な世界を“創発号”に乗って旅する匠Style研究所。第4回では、要求合意の過程で発生する「提案」という行為や、その背後にある「アイデアの創出」について、僕が技術顧問をしているリコーソフトウエア内での“雑談”をベースに考えました。今回も、その雑談の続きをお伝えします。さあ今日も、愉快に創発への旅を楽しんでください。

 この雑談は、僕が技術顧問をしているリコーソフトウエアでの内容です。「社員の提案力を高めるためには」をきっかけに、リコーソフトウエア元社長の高田さんと、ソリューション事業部の菅生さんと山下さん、そして私が話しています。

提案力と抽象化の関係

高田:Whatの部分がHowの抽象化になっているように思えますが、このような抽象化は、できる人とできない人がいるような気がします。

萩本:そうですね。どうしても無理な方もいらっしゃいますが、ほとんどが長期的な訓練でなんとかなるのではと思っています。

高田:それは、どういう訓練ですか?

萩本:簡単に言うと、本質面で抽象化するテクニックを身に付けることです。このテクニックは訓練で身に付けられると思うのです。例えば僕の場合、物事を考える時に、「思考の秩序棚」という入れ物を脳に形成しているんですよ(図1)。

図1●「思考の秩序棚」
[画像のクリックで拡大表示]

 それは、次のように、「事実」「メカニズム」「コンセプト」「目的」「理念」というもので、下に行けば行くほど、現実とか事実となり、上に行けば行くほど本質面で抽象化されるのです。僕は、問題・課題を見る際に、いつもこの棚に入れて問題を考えるようにしています。

 例えば、この問題そもそもの原因は、「問題を引き起こすメカニズム(仕組み)は何か」「課題における、あるべきコンセプトは何か」「そもそもどのような目的だったのか」、また「本来の目的は何であるべきなのか」。「そもそもどのような理念でこのような結果が生まれるのか」、また「本来理念としてどうあるべきなのか?」。このような考えを、抽象化と具象化を行き来しながら考えているのです。

 この中で最も成果が出たと思えるのは、常に目的につなげることだと思います。そして、コンセプトやメカニズムとして問題をとらえる訓練は、アーキテクトとしても重要だったと思います。提案する際に、常に目的ベースで考えたり、提案のコンセプトをしっかり整えたりすることは大事ですからね。

 これはまさに思考のトレーニングで、1998年ごろに書いた書籍『最新オブジェクト指向技術応用実践』でも紹介したことがあります。既に10数年も実践していますが、自分の中で大きな成果を上げてきました。このようなトレーニングにより、提案力を高めるための本質面で抽象化するためのテクニックが身に付くという自信があります。

高田:う~ん、なるほど。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 業務を知らずに的確な提案はできるか
  • 1
  • 2
  • 3

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【わたしの働き方改革】

    働きやすくするコツ、自分を知ってもらうこと

     ネットワンシステムズで、顧客企業向けに働き方改革をコンサルティングする「ワークスタイル変革チーム」を率いる手塚千佳氏。異業種からIT業界への転職、2度にわたる出産・育児など、様々な経験を重ねてきた。その蓄積が、多様なキャリアを持つ部下を率いながら顧客企業の働き方改革を支援する今の仕事に生きている。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る