• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

ITコストのムダを排除せよ

ITコストのムダを排除せよ

2009/01/26 ITpro

ITコストのムダを排除せよ

 世界を襲った未曾有の経済危機で、企業はシステム計画の見直しを余儀なくされている。成長に不可欠なIT投資を維持するためには、コスト構造を抜本的に見直すと同時に、“ITのムダ”を徹底して削ぎ落とすことが必要だ。「調達」「契約」「運用」「印刷」「通信」の5分野でムダを排除し、コストを削減するための有効な具体策を探った。

Part1 調達編

 IT投資の無駄を省くにはまずハード/ソフトの調達にメスを入れたい。過去の常識にとらわれて割高な製品を購入していないか。使いもしない機能に余分なお金を支払っていないか。もっと安く入手できる手段を見逃していないか。Part1ではハード/ソフトの調達に関連して、12のムダ取り策を紹介する。ちょっとした発想の転換で無駄な投資は必ず減らせるはずだ。

[1]グループウエアにグーグルを使う 
[2]オフィスソフトをフリーに切り替える 
[3]セキュリティは外部に任せる 
[4]運用管理やERPもオープンソースで 
[5]5万円のネットブック、用途を限れば実用に 
[6]探してみよう廉価品、同じ機能で半額も 
[7]開発機は中古で十分、3万円から手に入る 
[8]国内価格は米国の3倍、並行輸入も選択肢に 
[9]消耗品はまとめ買い、集中購買で安くする 
[10]実は純正トナーも再利用の格安版が 
[11]70万円以上ならIT減税を積極活用 
[12]プラットフォームはクラウドから調達 

Part2 契約編

 ランニングコストのムダ取りには外部ベンダーとの契約見直しが効く。身の丈に合わない過剰品質のサービスを利用していないか点検しよう。契約時よりも“お得”なメニューが追加されていることもあるし、契約期間を見直したり購入単位を変えるだけでコストが下がることもある。Part2では契約見直しによるランニングコストの削減策を8つ紹介する。IT予算の過半を占める部分だけに削れる余地がないか入念にチェックしたい。

[13]再リースだと費用は9割減 
[14]データのバックアップ、オフラインなら半額に 
[15]24時間対応は必要か、止めると3割節約に 
[16]予約スペースを解約、100万円超浮くことも 
[17]従量課金契約を実態に合わせる 
[18]エディションを見直し、ソフトの保守料削減 
[19]オフィスソフトはまとめ買いがお得 
[20]グループ契約でコストを下げる 

Part3 運用編

 安定稼働を優先するあまり硬直化しがちな運用関連のコスト。IT予算の過半を占めるだけに、この見直しは避けて通れない。外部のリソースを上手に活用すれば運用コストは必ず下がる。最新技術を大胆に活用する手もある。細かな工夫の積み重ねも運用費の削減につながる。Part3では運用関連のコストダウンに役立つ7つの手法を紹介する。

[21]サーバー統合と仮想化で費用減 
[22]インフラ期間貸しで年間維持費を3割減 
[23]海外リソースを活用、人件費は半額以下 
[24]ITILで運用体制を一から立て直す 
[25]保守コスト減をWin-Winで交渉 
[26]“餅は餅屋に”、外部保守で3割減 
[27]休日夜間の電源オフ、PC1台4000円節約 

Part4 印刷編

 印刷関連はコスト削減の余地がかなり残されている分野。1枚当たりの用紙代やトナー代は微々たるものだが塵も積もれば山となる。印刷関連コストは売上高の1~3%を占めるとの調査もある。今すぐ印刷関連コストの構造改革を始めよう。カラー印刷の禁止やトナー節約ソフトの導入などできることはたくさんある。Part4では印刷関連コストの無駄を取る12の策を紹介する。

[28]モノクロ・2面・両面、初期設定はケチケチに 
[29]印刷機も脱汎用機、年数千万円の削減も 
[30]画像を間引いてトナー代を半減 
[31]ICカード認証で「とりあえず」根絶 
[32]プリンタを仮想化、「寸止め」でムダ省く 
[33]台数減らし完全集約、心理を変え保守削減 
[34]帳票を全廃し電子化、「紙」以外の効果大 
[35]紙ナシをITで支援、cm単位で厚さを管理 
[36]帳票印刷は外部に委託、スケール生かし2割減 
[37]名刺は逆に内製化、外部委託の4分の1に 
[38]5年の長期保証で修理費を減らす 
[39]複合機の隠れ機能でFAX通信費ゼロ 

Part5 通信編

 毎月の通信費の見直しは長期的に大きなコスト削減が期待できる。高品質や高信頼性をうたうサービスはそれ相当の出費が必要。割安サービスや定額プランを上手に使えば毎月の料金は必ず減らせるはずだ。無償サービスを企業で使う手もある。
 Part5では通信・ネットワーク関連の支払いを減らすためのムダ取り策を9つの角度から探った。

[40]高速化装置で帯域削減、回線の実力を出し切る 
[41]廉価版VPNを併用、データ量増をさばく 
[42]今さらADSLで通信費を7割減 
[43]Skypeを使い倒し、電話も会議も無料に 
[44]PC利用のソフトフォン、固定よりも1万円安く 
[45]一時拠点の工事費は3G携帯でゼロ円に 
[46]携帯の定額活用で通信コストを下げる 
[47]外出先でも無線LAN、月380円で使い放題 
[48]モバイル通信費を削減、MVNOなら半額 

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【検証 通信市場】

    光回線は安くならない?卸料金の適正性を検証へ

     総務省が公表した2016年度の通信市場の検証結果(案)では、光回線の料金の低廉化が進展していない点を問題提起した。中でもNTT東西が展開する「光コラボレーションモデル」は卸料金を値下げするインセンティブが働かず、低廉化を期待できない状況と結論付けた。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る