• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

編集長が大胆予測 2009年はこうなる

Linuxマシンは「家電化」する?

日経Linux編集長 米田正明

2009/01/08 日経Linux
日経Linux編集長
米田正明
日経Linux編集長 米田正明

 皆様,新年おめでとうございます。2009年もよろしくお願いします。この「編集長が大胆予測 2009年はこうなる」はリラックスして読んでいただきたいため,今日は,皆様の前で話しているような文体で書きたいと思います。

 2009年はLinuxにとってどんな年になるのでしょうか。やはり無視できないのが,昨年に引き続き「デスクトップLinux」の動向です。2008年は「Ubuntu」(ウブンツ,ウブントゥ)という主にデスクトップ向けのLinuxディストリビューションが,個人ユーザーの方々を中心に一気に広まりました。これほどまでにデスクトップにLinuxが使われるようになったのはかつて無いことです。日経Linuxの読者調査でも,以前は「Fedora」というLinuxディストリビューションがダントツのシェアを誇っていましたが,昨年はUbuntuも拮抗するところまできました。直感的に操作できるGUIや,アプリケーションが多いこと,周辺機器の認識率が高いことなどが,人気の要因となっているようです。このように昨年は,1つのLinuxディストリビューションがデスクトップLinuxをけん引しましたが,今年はさまざまな複合的な要因が,デスクトップを引っ張っていくでしょう。

 その一つが,クラウド・コンピューティング。つまりクラウドへのアクセス端末としてのデスクトップLinuxです。クラウド・コンピューティングは,Gartner Hype Cycleの「幻滅期」を過ぎていないこともあり,企業に一気に広がるとは考えにくいかもしれません。しかし,Googleに代表されるようにクラウドの構築は着々と進んでおり,クラウドにアクセスすることを想定した専用Linux OSの動向は注目ポイントです。

 例えば,米Good OSが2008年12月に発表したLinuxベースのクラウドOS「Cloud」をご存知でしょうか。これはGoogleのサービスに特化したLinux OSで,起動が速く,デスクトップがブラウザのようです。2009年上旬には,Cloudを使ったネットブックが発売される見込みです。

 Cloudは「高速起動」がウリの一つですが,この「高速起動」という技術もデスクトップには重要です。皆さんご存知の通り,昨年は「Eee PC」のようなULCPC(超低価格パソコン)と呼ばれるノート・パソコンがヒットしました。大きな液晶を備えハイパワーなCPUを積んだノートと比べるとできることが多くありませんが,「ちょっとだけ使う」といった使い方には十分な性能を持っています。これらノートの国内モデルの多くはWindowsを搭載していますが,Linuxをインストールするというニーズも少なくありません。

 このノートを出先などで「ちょっと使いたい」といった場合,パソコンの電源を入れたら,なるべくすぐに起動してほしいものです。そうしたニーズに応えるように,「高速起動」の仕組みが開発されつつあります。昨年末に公開されたばかりのカーネル2.6.28には「fastboot」という高速起動機能が組み込まれました。最新の「Fedora 10」でも,高速起動が特徴の一つになっています。さらに,Eee PCや米HPのノートなど一部の製品でしか動かなかったLinuxベースの超高速起動環境「Splashtop」も,今年は他のULCPCで動くようになるかもしれません。

Webの表示もWindowsに近づく

 瞬時に起動してクラウドのサービスをすぐ利用できる,というのは確かに便利ですが,通常のWebサイトが「表示できない」ではどうしようもありませんね。Linuxがデスクトップとして使いやすくなったとはいえ,筆者は正直なところ,まだまだだと思っています。LinuxでWebサイトをよく見る人なら分かると思いますが,IEを想定したサイトで表示が崩れたり,ActiveX対応コンテンツを表示できないサイトが多いのです。これでは,LinuxデスクトップをWebブラウジング端末として人にお勧めできません。

 しかし,今年はIE(Internet Explorer)のバージョン8の正式版がリリースされる予定です。CSSなどこれまでのバージョンと比べて,より標準に準拠したブラウザになります。また,Googleのブラウザ「Chrome」のLinux版の登場も期待できます。新IEやChromeに対応したサイトが増えるにつれ,「IEでしか表示できない」といった問題も減少していくのではないでしょか。米AdobeのAIR(Adobe Integrated Runtime)や米Microsoftの「Silverlight」を使ったサイトも同じことです。2008年末に「AIR」のLinux版を公開したばかりですし,今年はSilverlightのLinux版「Moonlight」の正式版もリリースされる予定です。どれほど実用的かは追ってご報告しますが,LinuxでのWebブラウジング技術がWindowsに近づけば近づくほど,デスクトップLinuxはより多くの人に魅力的に見えるに違いありません。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 第2の「神」は登場するか
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    物流ピンチを商機に、三井不動産がロボット倉庫

     三井不動産は2017年9月13日、倉庫業務を効率化するためのIT関連設備・機器、システムなどを紹介するショールームを千葉県船橋市の同社倉庫内に新設した。自動倉庫システムなど、ITを活用した16種類の設備や機器類を実演展示。コンサルティングも提供して物流業者や荷主企業の取り込みを図る考えだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る