• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

一目で分かるOpenOffice 2.x の使い方

Writer 第4回 編集作業を大幅に効率アップ

段落番号と個条書きを使いこなそう

松井 幹彦 2008/09/18 日経Linux
出典:日経Linux 2007年7月号pp.88-91
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

段落番号は,順序立てた文書を効率よく作成するために重要な機能だ。簡単に使えるので,既に利用している人も多いだろう。ただし,使いこなすには結構奥が深い。きちんとマスターしよう。

 Writerを使って文書を作成するときに,段落番号や個条書きの機能を使いこなせるかどうかで,作業効率が大幅に違ってくる。今回はこの機能を解説する。

 図1は,段落番号を活用した作成例だ。段落番号とは,ここでは連続番号(連番)のことである。社内規則や契約書などでよく使う「第1条」「第2条」……という連番を使っている。このような連番は,あらかじめ設定しておき,これを利用することで,後からの修正が簡単になる。条文を加除したり,入れ替えたりしたときも,番号の部分は自動的に更新されるので,手作業で修正しなくても済むのだ。

図1●段落番号機能を使って作成した例
図1●段落番号機能を使って作成した例
(1)の「第1条」「第2条」……は,カスタマイズ設定を行った連番の表示,(2)の「1.」「2.」……は,標準設定のものだ。(2)は,(1)の1つ下の階層になっている。

 使い方は非常に簡単だ。図2のように,(1)のボタンを押せば連番が,(2)のボタンを押せば個条書きが設定できる(全く別の方法でも設定できる。別掲記事「オートフォーマット機能を使った個条書きや連番の入力」を参照)。ボタンを押すタイミングは,いつでも構わない。文字を入力する前でも,後でも,あるいは入力中でも,同じ結果が得られる。

図2●段落番号と個条書きの基本操作
ツール・バーの「番号付けオン/オフ」ボタン(1)を押せば段落番号が,「箇条書きオン/オフ」ボタン(2)を押せば個条書きの記号が入力される。自動的にインデントが設定され,「箇条書きと段落番号」ツール・バー(3)が表示される。
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ さて,問題はこの後だ。続けて連番や個条書きを入力...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【速報】

    PFU、4大ブランドが使える電子マネーチャージ機

     PFUは2017年9月26日、電子マネーチャージ機の新機種「MEDIASTAFF MCモデル マルチ電子マネーチャージ機」の販売を開始した。複数の電子マネーに対応する。同社は「1台で4大ブランド(交通系、Edy、nanaco、WAON)のチャージに対応する装置は国内で初めてだろう」とする。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る