• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

一目で分かるOpenOffice 2.x の使い方

Writer 第2回 タイトルやページ番号を付ける

ヘッダーやフッターを使いこなそう

松井 幹彦 2008/09/16 日経Linux
出典:日経Linux 2007年5月号pp.71-74
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

複数ページからなる文書のそれぞれのページに,タイトルやページ番号,作成日時などを付け加えたいときがあるだろう。今回は,文書にこれらの情報を挿入する方法を紹介する

 図1は,Writerで作成中の文書である。上部にタイトルやロゴ,ページ番号を,下部に作成日時やファイル名,更新日時を挿入したところだ。文書の余白に表示されるこれらの情報を「ヘッダー」や「フッター」と呼ぶ*1 。ページ上部がヘッダー,下部がフッターである。これらを活用すると,印刷したときの見栄えが良くなり,書類を整理しやすくなる。

図1●ヘッダーとフッターを配置した文書
(1)はタイトル,(2)はロゴ,(3)はページ番号,(4)は作成日時,(5)はファイル名,(6)は更新日時である。
[画像のクリックで拡大表示]

 図1は見本としてなるべく多くの情報を載せたため,少々うるさい感じになった。実際には,必要な情報だけを挿入しよう。

 今回は,ヘッダーやフッターの使い方を紹介する。まずは用途に合ったヘッダーとフッターの設定方法を説明する。それから,設定したヘッダーやフッターを標準テンプレートとして保存し,Writerを起動したときに標準のフォーマットとして利用できるようにする。

(1)ヘッダー・フッターを有効にする

 標準テンプレートを作成するために,Writerを起動して,まっさらなドキュメントを用意する。

 続いて,ヘッダーとフッターを設定する。「挿入」メニューの「ヘッダ」と「フッタ」を使う。このコマンドを選択すると,「標準」というサブコマンドが表示される(図2)。「標準」とは,「ページスタイル」を示している。ここを有効にすると,標準のページスタイルのヘッダーが作成中の文書に適用される。

図2●「挿入」-「ヘッダ」コマンド
1.「挿入」-「ヘッダ」を選択すると,「標準」というサブコマンドが表示される
2.サブコマンドのチェック・ボックスをオンにすると,本文領域が小さくなり,ヘッダー領域が確保される
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ このサブコマンドには,ユーザーが作成したページス...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る