• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

一目で分かるOpenOffice 2.x の使い方

Writer 第1回 見栄えのする文書を作成

タブ機能を使いこなそう

松井 幹彦 2008/09/12 日経Linux
出典:日経Linux 2007年4月号pp.73-78
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

見栄えのする美しい文書を作成するときに欠かせないのがタブ機能だ。今回はタブ機能を使いこなすための基礎から応用までを解説する。

 ワープロ・ソフトで文章を作成しているとき,数文字分の字下げをしたくなったとする。そのとき,あなたはどのように操作するだろうか。スペース・バーを数回押して空白を挿入するという人もいるかもしれない。「インデント」を使う人もいるだろう。しかし,Tabキーを押すという人が多いのではないだろうか。今回は,このTabキーを使った「タブ」機能について紹介する。

(1)タブ機能とインデント機能

 Writerには,字下げのためにタブ機能が備わっている。初期設定で1.25cm(約0.5インチ)間隔のタブが設定されており,Tabキーを1回押すごとに,カーソルがこの分だけ後ろにジャンプしていく(図1)。このタブ間隔は「オプション」設定で変更できる(図2)。

図1●Tab キーを押して字下げする
図1●Tab キーを押して字下げする
(1)Writerの初期設定では,1 回Tabキーを押すごとに1.25cmずつカーソルが移動する。(2)1回分の移動量がここに表示されている。
図2●初期設定のタブ間隔は変更できる
「ツール」-「オプション」を選び,「OpenOffice.org Writer」で「全般」カテゴリを選択すると,初期設定のタブ間隔を変更できる。
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ もう1つの字下げ機能として,インデントを設定する...
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    トヨタがブロックチェーンに触手を伸ばす理由

     自動運転や人工知能(AI)の研究を手掛けるトヨタの米子会社が、Ethereum(イーサリアム)の企業連合に参加――。2017年5月、ブロックチェーン技術を含む分散台帳技術(DLT:distributed ledger technology)の未来を占う上で興味深いニュースが飛び出した。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る