• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

検証ラボ

[記録メディアの壊し方]加熱:テープとCD-R は破壊成功

手嶋 透=日経SYSTEMS 2008/08/07 日経SYSTEMS
出典:日経SYSTEMS 2007年11月号pp.98-99
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 最後に,記録メディアを加熱することで,データを破壊できるかどうか,二つのパターンで検証した(図5)。200℃に予熱したオーブンレンジの中で,3種類の記録メディアを30秒間(実験M),もしくは4分20秒間(実験N),加熱した。後者の時間が中途半端なのは,その時点で記録メディア(テープ・カートリッジ)から煙が発生したため,加熱を中止したことによる。

図5●記録メディアを加熱する実験の条件
[画像のクリックで拡大表示]

 オーブンレンジで加熱すると,記録メディアは素手では持てないほど熱くなる。そこで,オーブンから取り出した後,部屋の中に放置した。約半日かけて熱を冷ました後に,復旧作業に着手した。

 結果は,記録メディアの種類によって異なった。テープ・カートリッジとCD-Rに対しては,データ破壊に加熱が有効だった。(N)ではデータを全く復旧できず,データ破壊に100%成功した。ところが,USBメモリーでは加熱がデータ破壊につながらなかった。特別な復旧作業をするまでもなく,すべてのデータを読み出せたのである。以下,(M)(N)の検証結果を詳しく見ていく(表3)。

表3●加熱によりデータを破壊できたファイル容量の割合および復旧作業
[画像のクリックで拡大表示]

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ (M)伸びたが破壊は2%
  • 1
  • 2

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【夏休みスペシャル 2017】

    エンジニアが知っておきたい夏バテ撃退法

     暑い日が続く2017年の夏。「夏バテ気味だ」と感じる読者は多いかもしれない。なかには猛暑で体力を奪われ、食欲が落ちている人もいるだろう。そこでこの夏休みスペシャルでは、IT企業でエンジニア向けの保健指導を務める金橋治美氏(保健師)に、夏バテを解消する夏休みの有意義な過ごし方を聞いた。

ITpro SPECIALPR

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る