• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Windows Vista徹底解説

64ビット版Vistaのインストール時に発生する問題

David Chernicoff 2008/01/29 ITpro

 筆者は先日,既存のデスクトップをVistaにアップグレードしてアプリケーション問題を招く危険を冒すくらいなら,新しいWindows Vistaシステムを購入しようと思い立った。RTM以降,筆者は自分のノートブックでVistaを使っているが,そのノートブックはデスクトップ・システムのように日常的に使用しているわけではない。さらに筆者は,32ビットと64ビットのバージョンのOSからなるデュアル・ブート構成をセットアップしてみたいとも思っていたのだ。

 これまでとは違うことをしてみたかったので,筆者は2.93GHzの「Intel Core 2 Extreme」CPU,4GBのRAM,1.8TBのストレージ,そしてSLI対応グラフィックス(ただし,筆者は通常,デュアル・モニター構成で作業する)を搭載した有名メーカーのハイエンド・コンピュータを選んだ。

 筆者は,ベンダーのWebサイトから必要なVistaドライバをすべてダウンロードした後,システムをクリーンな状態にした。そして,Vista Ultimate,Microsoft Office 2007 Ultimate,Adobe Photoshop CS3,筆者が頻繁に使用するその他の多くのアプリケーション,様々な周辺機器用のドライバを順にインストールしていった。

 そのコンピュータを実際に使い始めてから数週間後,筆者は64ビット版のVistaを専用のドライブにインストールすることにした。そして,筆者は再びベンダーのWebサイトから必要な64ビット用ドライバをすべてダウンロードし,インストール作業を開始したのである。

起動の段階で停止エラーが発生

 64ビット版Vistaのインストール作業に取り掛かると,面白いことが起こり始めた。インストーラは,インストールDVDからすべてのファイルをコピーした後,コンピュータ上でVistaの起動を試みるのだが,Vistaを起動する段階で,停止エラーが発生したことを告げるブルー・スクリーンが表示されたのだ。しかし,従来の見慣れたBSODエラーとは異なり,このエラーにはテキストもメモリー・ダンプも含まれていなかった。表示されたのは,三つの16進法の数字だけだったのである。

 ベンダーのハイエンド・デスクトップ・システム専用のサポートに電話しても,ほとんど役に立たなかった。技術担当者が一つ有益なアドバイス(インストール中にすべてのUSBデバイスを取り外す)をくれたが,彼らにできるのはそこまでだった。そこで,USB接続のPDA用クレードルを取り外してから64ビット版Vistaをインストールしてみると,インストール作業における最後の再起動の段階までは進むことができた。だが,そこで暗号のようなメッセージが書かれた前と同じブルー・スクリーンが再び表示されたのである。Webで検索してみても,役に立つ情報はほとんどなかった。

 だが筆者は最終的に,「3GB以上のRAMを搭載したコンピュータにWindows Vistaのインストールを試みるときに表示されるエラー・メッセージ: STOP 0x0000000A」というMicrosoftの最新の記事を見つけることに成功したのだ。この記事には,同様の問題が記録されており,この問題が発生するのは,3GB以上のRAMがインストールされていることが部分的な原因であるとはっきり書かれていた。

 同記事には,インストール用の配布ファイルに適用可能なパッチや64ビット版Vistaのインストール後に適用可能なアップデートが含まれていた。システムから2GBのメモリーを取り外す(インストールされたメモリーの容量を2GBに減らす)と,64ビット版Vistaを正常にインストールできるようになった。その後,筆者はパッチを適用して,取り外したメモリーを元に戻した。すると,64ビット版Vistaで,インストールした4GBのメモリーすべてにアクセスできるようになったのである。

 問題は解決したが,筆者はその原因についてもっと詳しく知りたくなった。4GBのRAMを搭載したシステムに64ビットのOSをインストールするだけで問題が発生するのは,理屈に合わないからだ。詳しく調べてみると,ハードディスク・コントローラがデフォルトで32ビットのDMAモードを使用していることが問題の一因だとわかった。

 しかし,最大の問題は,4GBのメモリーを持つシステムにインストールができないことではなかった。インストールされたメモリーの合計(これにはビデオ・カードに搭載されたメモリーも含まれる。今回の場合だと,1.5GBがシステムのメモリーの合計に追加される)が4GBを超えるシステムにインストールを行うことが,最大の問題だったのだ。

 おそらくMicrosoftは,64ビット版Vista OSの今後のリリースで,このパッチをフィックスとしてスリップストリーム化するだろう。64ビット版Vistaのインストールが上手くいかない場合は,今回紹介した問題が原因かもしれない。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    機械学習で変わるBIツール、データの関連性を自動発見

     企業の利用部門が自分でデータ分析をするためのBIツールである「セルフサービスBI」で、機械学習の活用が始まっている。エンドユーザーは専門家であるデータアナリストに比べると、システムや分析に詳しくない。これを補うように、機械学習が専門家のノウハウを肩代わりするのが、セルフサービスBIの新しい流れだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る