• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

身近に潜む受動的攻撃の脅威

Webアプリの落とし穴に改めて注意

2007/12/17 日経コミュニケーション
出典:日経コミュニケーション 2007年11月1日号98ページより
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

 今年9月,Gmailにクロスサイト・リクエスト・フォージェリ(CSRF)のぜい弱性が見付かった。ユーザーはメールを盗み見される危険にさらされていた。また,10月にはバッファローの無線LAN製品「AirStation」に組み込まれている設定ツール(Webアプリケーション)に存在するCSRFのぜい弱性が発見された。第三者にAirStationの設定を勝手に書き換えられる可能性があった。

 これらのぜい弱性は, ユーザーがWebアプリケーションにログインした状態で,攻撃者が用意した悪意のあるリンクを誤ってクリックすると,ユーザーが予期しない処理を実行されてしまうというもの。Gmailなら例えば勝手にフィルタ・プログラムを作成して任意のアドレスにメールを転送するなどの仕組みを実現できる。

 グーグルは既にこのぜい弱性を修正済みだが,万が一,利用者のフィルタ・リストに攻撃者が作成したフィルタが存在している場合は,このぜい弱性の影響を受けてしまう可能性がある。ユーザーは,フィルタ・リストをチェックし,不審なものがあれば削除する必要がある。

肝心なのはWebサイトでの対策

 CSRFのぜい弱性は,クロスサイト・スクリプティングと同様にWebアプリケーションにしばしば見受けられる。クロスサイト・スクリプティングがWebサイトに不正なJavaScriptを埋め込んで悪意あるサイトにユーザーを誘導するのに対し,CSRFはユーザーがアクセスしているWebサイトを対象に攻撃を仕掛ける。SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス),wiki,ブログなどWeb 2.0と総称されるアプリケーションのユーザーが急増する中で,クロスサイト・スクリプティングやCSRFなどWebアプリケーションのぜい弱性を悪用した攻撃は次第に多様化してきている。

 クロスサイト・スクリプティングやCSRFのぜい弱性の責任はWebサイトの運用者にある。にもかかわらず,被害を受けるのはサイトにアクセスしてきたユーザーである。Webサイト,あるいはWebアプリケーションのベンダーは顧客を守るために,ぜい弱性を排除しなければならない。

 そこで以下では,Webアプリケーションに潜んでいるCSRFのぜい弱性を突いた攻撃の手口と基本的な対策を紹介しよう。

知らぬ間にブラウザを乗っ取られる

 Webアプリケーションの中には,セッションIDを使ってユーザーを識別するものがある。例えばSNSのような会員制サービス,Webメール,オンライン・ショッピングなどではよく使われている。このようなサービスにログイン中のユーザーが,意図しない処理を強制的に実行させられてしまうのがCSRFの問題である。攻撃者はメールなどを使って罠のリンクを送り,サービスにログインしている最中に罠のリンクをクリックするようにユーザを巧妙に誘導する。

【修正履歴】CSRFの説明として誤解を招きやすい表現がありましたので,修正しました。(2007.12.18)

 例えば,犯罪者がexample.comという会員制サイトを利用するユーザーAを狙い,パスワードを勝手に変更するケースを考えよう(図1)。

図1●クロスサイト・リクエスト・フォージェリの仕組み
図1●クロスサイト・リクエスト・フォージェリの仕組み
標的とするWebアプリケーションに狙ったユーザーがログインしていることを前提とした攻撃。図中の太線部分が攻撃に関連する部分。

 ユーザーAがサイトにログオンすると, サイトはユーザーAにセッションIDを含んだクッキーを発行し,以後はこのクッキーを使ってセッションを管理する。このとき犯罪者は,example.comのパスワード変更ページにリンクした悪意あるURLを送り,ユーザーAがクリックするように誘導する。URLにはパラメータとして変更後のパスワードが含まれている。

 ユーザーAがこのURLをクリックすると,ブラウザはexample.comのパスワード変更ページにアクセスし,自動的に新しいパスワードを入力する。example.comへのアクセスには既に入手しているクッキーを使うから,サイト側は正規のユーザーと判断して処理を進めてしまう。

 こうして,犯罪者は自身が設定した新しいパスワードを使ってユーザーAになりすますことができるようになる。ユーザーは,気付かないうちに被害に遭ってしまう。

画面遷移を確認すれば穴が見える

 この例の問題点は, 実はパスワード変更の画面を見れば分かる。図2の左側の画面のように新しいパスワードだけを入力するようになっていると,CSRFのぜい弱性を抱えることになり,例のように乗っ取られる。

図2●クロスサイト・リクエスト・フォージェリのぜい弱性を回避する方法の例
図2●クロスサイト・リクエスト・フォージェリのぜい弱性を回避する方法の例
パスワード変更の場合なら,変更の意思確認として,現在のパスワードなど本人しか知らない情報の入力を求める。

 対策の一つは,図2の右の画面のようにパスワード変更ページで現在のパスワードを要求することである。現在のパスワードは,ほかの手段で漏れていない限りユーザーにしか分からないからだ。ユーザーAに偽の要求となるURLを送っても,現在のパスワードがなければパスワードは変更できない。つまりWebサイト運用者は,重要な処理を実施する直前の画面で正規ユーザーだけが知る情報を要求しているかどうかを確認することで,CSRFのぜい弱性の有無を確認できる。

 CSRF対策はほかにもある。例えばパスワード変更の処理要求を受け付けた後に確認画面を設ける方法。ユーザーが確認ボタンを押さなければパスワードは変更されない。クッキーのセッションIDにひも付けて乱数を生成し,hidden値として処理受付の応答に埋め込む方法もある(図3)。処理を実行するページで,セッションIDとhidden値を照合すれば,CSRFの偽要求を見分けられる。

図3●CSRF対策にはWebサイトからの確認ページに犯罪者が予測困難な情報を含める方法もある
図3●CSRF対策にはWebサイトからの確認ページに犯罪者が予測困難な情報を含める方法もある
[画像のクリックで拡大表示]

 Webアプリケーションに,以上に挙げたような対策が施されていない場合,CSRFのぜい弱性が存在すると考えたほうがいいだろう。

ユーザーは基本の順守あるのみ

 ユーザーがCSRFのような「受動的攻撃」の被害に遭うのは,悪意のあるリンクをクリックしてしまう場合である。犯罪者はユーザーが興味を持ちそうな文言を使用する,リンク先を見分けづらくするためにURIエンコードするなどといった手口を使って,巧妙にユーザーを誘導する。

 対策は,

(1)スパム・メールに記載されているリンクや掲示板に記載される不審なリンクなど,信頼のおけないリンクを不用意にクリックしないように日常から意識する

(2)ブラウザが記憶するクッキーなどのデータを可能な限り無効化する

といった基本の順守しかない。

石川 芳浩(いしかわ・よしひろ) ラック セキュリティ事業本部 JSOC事業部 技術部
ラックのセキュリティ事業本部JSOC事業部技術部に籍を置く技術者。We bアプリケーションの診断サービスを経て,現在は脆弱性データベースチーム(S N S D B)に所属し,ぜい弱性情報の調査,ぜい弱性検証などの業務に従事している。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ゼロから分かるRPA】

    全ての企業がいま「RPA」に本腰を入れるべき理由

     「RPA」がエンタープライズIT分野における2017年の注目キーワードであることに異を唱える人は少ないだろう。この連載ではRPAの基礎知識はもちろん、導入に必要な要件や、ツール選びの勘どころなどをできるだけ平易に説明していきたい。RPA導入を検討している読者の皆さんの一助になれば幸いである。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る