• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Windows Server:システム管理者の視点

MicrosoftとLinux,新しい時代の始まり

Paul Thurrott 2007/09/11 ITpro

 意外なことに思えるかもしれないが,8月上旬にサンフランシスコで開催された年次のLinuxWorld Conferenceにおいて,Microsoftのもとに多くの人が集まった。集まったのは,オープンソース界の今年最大のイベントに姿を現すMicrosoftの勇敢な幹部に対して,トマトを投げつけようと待ち構えていた連中だけではない。

 Linuxが様々な規模の企業に浸透するにつれて,企業はMicrosoftと様々なオープンソースのベンダーの両方に対して,製品の相互運用性を向上させるよう要求するようになったのだ。彼らの名誉のために言っておくと,Microsoftもオープンソースのベンダーもこの点に関しては,これまで非常に現実に即した態度をとってきた。かつてLinuxの特徴だった宗教的熱狂は,今では沈静化してしまったようだ。

 この時期にはLinuxWorld以外でも重要なLinux関連ニュースがあった。ユタ州の連邦地裁判事が,2003年以降UNIXを取り巻いてきた法廷劇を終わらせることを願って,厳しい判決を下したのである。2003年というのは,SCO Groupが「IBMはUNIXのコードを,無料で公開されているLinux OSに組み込んだ」として,10億ドルの損害賠償を求める奇妙な訴訟を起こした年である。「自分たちはUNIXの著作権保有者なので,違反コードを含むLinuxの販売や使用から発生した利益の一部を受け取る権利がある」というのが,SCOの主張だった。

 だが,SCOの主張には一つ問題があった。UNIXの著作権を所有しているのはNovellなのだ。もちろんNovellは即刻,SCOに所有権があるという主張に対して異議を唱えた。これら2社の法廷闘争は4年間続いたが,ようやくそれに終止符が打たれた。結局,SCOではなく,Linuxを支援していることで有名なNovellが,UNIXの著作権を所有しているという判断が下されたのである。

 この判決は様々な影響をもたらすだろう。第一に,IBMを相手取ったSCOの訴訟は,ほぼ確実に棄却されるだろう。IBMがSCOの著作権を侵害したという主張は,SCOが著作権保有者でなければ成立しないからだ。第二に,同様の訴訟を避けるため,SCOに対して実際にライセンス料を支払ったMicrosoftやSun Microsystemsなどの企業は,自分たちが誤った判断を下したことに気づいた。そして,SCOはそうして得たライセンス料の一部を正当な著作権保有者であるNovellに支払う義務を負う可能性が高い。おそらく,SCOの財政は破綻し,彼らは姿を消すだろう。

 このニュースでもっとも重要なのは,Linuxを取り巻いていた不確定要素がなくなったということだ。Linuxは,その合法性が正式に認められ,過去4年間の厄介な法的問題の呪縛から逃れることができたのである。少なくとも法的な見地からは,Linuxを使うことで発生するかもしれない問題が,突然解消したのだ。そして,ここ数年間Microsoftが賠償金などに関して発してきた数々の言葉は,突然古臭く聞こえるようになった。Microsoftがオープンソース・コミュニティに対して特許攻撃を仕掛けるのではないか,と未だに心配している人は,そういう風に感じないかもしれないが。

 そう,Microsoftの特許攻撃が現実になる可能性は極めて低い。以前にも述べたように,Microsoftはこのところ大口の顧客から,Linuxやオープンソースと協力するようにと指示を受けている。そして,同社は実際に多くの点で,その指示に従っている。今,新しい時代が始まろうとしているのは間違いない。この新しい時代には,両陣営が「恐怖,不安,疑念(FUD)」戦略をとる代わりに,これまでよりも外交的で能率的な取り組みを行うことを,筆者は願っている。

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【記者の眼】

    戸籍のマイナンバー対応を阻む2つの壁

     住民票と並んで個人にとってなじみの深い公的書類に戸籍がある。その戸籍をマイナンバーに対応させるための法制化の取り組みが本格化した。住民票や課税証明書と同様に、マイナンバーに基づく情報連携によって行政機関への戸籍謄抄本の提出を不要にして、国民の利便性向上と行政事務の効率化につなげるのが狙いだ。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る