• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

データセンター最新事情

今そこにあるITの電力問題(1)

電力不足に直面するデータセンター

安藤 正芳=日経コンピュータ 2007/03/12 日経コンピュータ
出典:日経コンピュータ 2006年4月3日号62ページより
(記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります)
目次一覧

日経コンピュータ2006年4月3日号の記事をそのまま掲載しています。執筆時の情報に基づいており現在は状況が若干変わっていますが、BCP策定を考える企業にとって有益な情報であることは変わりません。最新状況は本サイトで更新していく予定です。

「電力が大問題」。データセンター事業者から悲鳴が上がっている。ハードウエアの消費電力と発熱量は増える一方で、空調設備を含めると電力の供給が追いつかない。ハード・メーカー各社は相次いで省電力技術を使った製品を売り出した。

 「最新型のブレード・サーバーを大量に導入したものの、電力の引き込みが追いつかずラックにサーバーをすべて詰め込めない。せっかくのラックはスカスカの状態だ」。こう打ち明けるのは都内のあるデータセンターの責任者だ。このセンターは5年前に建設されたが、2005年の半ばから深刻な電力不足に見舞われている。原因は、サーバー本体、サーバーを冷やす空調設備、サーバーと空調設備を支えるUPS(無停電電源装置)といった、センター内のすべてのハードウエアの電力消費量が増え続けていること。センターの責任者は、「予想をはるかに上回る勢いでハードウエアの消費電力は伸びている。都内のデータセンターはすべて電力不足に直面しているのではないか」と語る。

機器が発熱、空調を増強

 実際、データセンター事業者をまわってみると、どのセンターも電力問題を認識している。データセンター事業会社、ビットアイルのデータセンター所長を務める安藤卓哉取締役は「サーバーのラック当たりの消費電力は4年前に比べて3倍近くにまで増えている」と打ち明ける。

 NTTコミュニケーションズの荒井宏幸ビジネス推進部担当部長は、「当初予定していた1ラック当たり2kWの電力では足りず、現在は4kWを引き込んでいるユーザーがほとんど。しかし、インターネットビジネスを手がける顧客の場合、6kW以上を使っている。6kW以上は空調設備の増設が必要になる。こうした顧客は全体の2~3割あり、このまま増え続けるならば何らかの手を打たなければならない」と語る。

 電力不足を引き起こすきっかけはサーバー本体の消費電力が増加していること。プロセサの高性能化や高密度化によって、サーバーの消費電力は増加の一途をたどっている。ここからデータセンターの消費電力が増え続ける“魔のサイクル”が始まる。

 サーバーが消費した電力は熱に変わるので、空調設備を増強しなければならなくなる。データセンターで消費する電力のうち、実に半分は空調設備で占められている(図1)。サーバーと空調設備のためにUPSを用意しなければならず、さらに電力を消費する。

図1●データセンターの消費電力の増加は大きな問題になっている
図1●データセンターの消費電力の増加は大きな問題になっている
サーバーやストレージの消費電力が増加すると、ほかの設備も増強しなければならない

 だが電力量を簡単には増やせない。ほとんどのデータセンターは、建物内に引き込める総電力量が着工時に決まっている。電力設備を増設するとビル内の配線工事を含め、ばく大な費用がかかる。仮に増設に踏み切ったとしても、増やした電力はサーバーの発熱にまわり、また空調設備が必要になるという悪循環に陥る。

 ここ1~2年、自社でサーバーを運用せずデータセンターに任せてしまうケースも増え需要は伸びる一方だった。だが、このままでは電力が足らなくなり、データセンターの運営に支障を来しかねない。データセンターの建設を手がけるNTTファシリティーズの村尾哲郎ソリューション営業部担当課長は、「データセンターだけでなく、サーバーやストレージを開発するメーカーまで、業界全体が電力問題に取り組む時期に来ている」と話す。データセンター事業者に限らず、大型センターを持つユーザー企業にとっても電力問題は重大事である。

今そこにあるITの電力問題(2) 
今そこにあるITの電力問題(3) 
今そこにあるITの電力問題(4) 

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【何がすごいの?「5G」5つの疑問】

    5Gはいつ始まる?

     日本で5Gの商用サービスは3年後の2020年に始まる。NTTドコモとKDDIが2020年中の開始を表明しているほか、ソフトバンクも「2020年ごろを目指す」としている。携帯大手3社や総務省などの関係者は、2020年開催の東京オリンピック・パラリンピックを5Gの実力と活用方法を広くアピールする絶好の…

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る