オープンソース/Linux

情報システムのトピックス-PR-

[PHPウォッチ]第30回 相次ぐ脆弱性修正リリースとセキュリティ強化PHP「Suhosin」 (3/3)

2006/09/26

Zend Framework関連情報

1.0に向けたロードマップ更新

 9月18日にAndi Gusmans 氏からZend Framewokの開発用メーリングリストにZend Frameworkのロードマップの更新に関するアナウンスがあった。それによれば,バージョン1.0に向けて図2に示す主要コンポーネントを集中的に整備することとし,関連したドキュメントやテストケースも同時に整備することとなった。今後,現在提案中のコンポーネントが追加される可能性もあるが,基本的には図2に示すコンポーネントの整備を優先的に行うこととなった。今後,数週間以内にバージョン0.2をリリースし,バージョン1.0のリリースに向けた作業を継続していくとのことである。


図2●Zend Frameworkの主要コンポーネント

RAD環境をサポートするPrimitus コンポーネントのプレビュー版公開

 Ethnaなど著名なフレームワークの多くがサポートするスケルトンの自動生成などのRAD(Rapid Application Development)機能は,Zend Frameworkではサポートされていなかった。8月10日にZend Framework用のRADツールとしてZFAppのプレビュー版が公開された。なお,ZFAppという名前はZend Framework自体と混同するという理由でPrimitusに変更されている。Primitusは,まだ,プレビュー段階のツールであるが,RADツールとしてスケルトンの自動生成などをサポートしており,Zend Framework上のアプリケーションフレームワークを構成するツールとなっている。Primitusは,作者のコメントによれば「完全に機能するblogをゼロから30分以内に作成できる」ようになることを目標としているとのことである。

 現在,Primitusの提案書およびプレビュー版の実装が以下のURLで公開されている。
http://framework.zend.com/wiki/display/ZFPROP/Primitus+Proposal+-+John+Coggeshall

 Primitusで提供される主な機能を以下に示す。

1.アプリケーションのスケルトン自動生成
2.テンプレートの自動生成
3.Zend Frameworkで推奨されるMVC構成のサポート
4.入力フィルタ処理およびエラー処理のサポート

 Primitusはまだ仕様提案段階にあるが,今後,実装とテストが進むことで,有用なRADツールとなることが期待される。

おわりに

 今回は,セキュリティ関連の修正が続いたPHPのリリース関連の話題,セキュリティ強化機能をサポートするSuhosinと,Zend Framework関連の話題を中心にPHPに関する情報を紹介した。次回以降もPHPに関する最新の情報をお届けする予定である。

■著者紹介 廣川類(ひろかわ・るい)氏
 PHPがまだPHP/FIと呼ばれていた1996年にPHPに出会い,以降,ドキュメント翻訳や国際化にかかわっている。著書に『PHP4徹底攻略』(ソフトバンクパブリッシング),『PHP4徹底攻略実戦編』(ソフトバンクパブリッシング)などがある。日本PHPユーザー会(2000年4月設立)ドキュメント部門幹事。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteでクリップする
  • 印刷する

今週のトピックス-PR-

この記事に対するfacebookコメント

nikkeibpITpro

▲ ページトップ

CIO Computerworld
ITpro EXPO 2014

Twitterもチェック

執筆者一覧

イベントINFO -PR-

最新号

注目の書籍

好評発売中!

XperiaモバイルAV活用ブック[docomo Z2/au ZL2対応]

もはや「AV端末」! Xperia最新機種を フルに使いこなすためのガイドブック