• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Virtual Server 2005 R2による仮想環境活用術

第4回 物理環境を仮想環境に移行する~その2

日本ヒューレット・パッカード 小林 直史

2006/09/25 ITpro

 本連載第3回に引き続き,「Virtual Server移行ツールキット(VSMT)」を利用した物理環境から仮想環境への移行方法を説明する。前回は,移行のために必要なツール類を用意し,移行サービス・サーバーを構築した。今回は実際にVSMTを使った移行作業の手順を説明する。

 VSMTを使った移行に当たっては,まず物理マシンから仮想マシンに移行できるかどうかを調査する必要がある。これもVSMTを使って実施する。移行可能である場合は,移行元である物理マシンのハードディスクの内容のイメージをコピーする。そして,コピーしたイメージを仮想ディスクにリストアする。これらの作業は,あらかじめ作成したスクリプトによって行う(図1)

図1
図1●VSMTを使ったサーバー移行の手順

 それでは以上の手順を追って,詳しく説明する。

ここから先はITpro会員(無料)の登録が必要です。

次ページ 仮想マシンへ移行可能か調査する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

  • 【ニュース解説】

    工事進行基準は廃止、受託ソフトの会計処理に新基準

     日本の会計基準を作成する企業会計基準委員会(ASBJ)は2017年7月20日、企業の売上高に関する会計処理を定める「収益認識基準」の草案を公開した。これまで受託ソフトウエア開発に適用されていた工事進行基準を定めた基準が廃止になるため、ITベンダーの会計処理に影響がある。

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る