• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

2006/06/29 日経NETWORK
 概要  
NetBIOS over TCP/IP(NBT)などを利用して,コンピュータやユーザー,ワークグループ/ドメインにメッセージを送信する。NBTでの名前解決が可能な環境でのみ動作可能。

 構文  
net send [名前] [*] {/domain:[ワークグループ名]} [/users] "メッセージ"

 利用環境  
Windows 95 ×
Windows 98 ×
Windows Me ×
Windows NT 4.0 ○
Windows 2000 ○
Windows XP ○(Messengerサービスが動作していることが必要)
Windows Server 2003 ○(Messengerサービスが動作していることが必要)
※Windows 95/98/Meにはnet sendコマンドはないが「winpopup.exe」というGUIプログラムを利用することで同様の機能が実現可能。winpopup.exeとnet send間での相互通信も可能である。

 オプション 
名前メッセージを送りたい相手先のユーザー名またはコンピュータ名を指定する。指定してメッセージを送付するユーザー名はアクティブである(NetBIOSテーブル名を確認すると<03>に登録されている)必要がある。
*自分自身が属しているワークグループ名(「ネットワークコンピュータ」や「マイネットワーク」で表示されるグループ名)に属するすべてのコンピュータにメッセージを送付する場合に指定する。
/domain:[ワークグループ名]メッセージを送りたいワークグループ名を指定する。指定したワークグループに属するすべてのコンピュータとユーザーにメッセージを送付する。ここで指定するワークグループ名はWindowsのブラウジングにおけるワークグループ名なので,実際にはワークグループだけでなくWindowsドメインについても指定が可能である。ワークグループ名の指定を省略すると,自分の所属するワークグループを対象にメッセージを送信する。
/users自分自身のパソコンに直接セッションを張っている,すべてのユーザーに対してメッセージを送付する。ほかのパソコンからセッションが張られていない場合に指定しても,どこにもメッセージは送付されない。


 使用例1:ドメインに所属する全パソコンにメッセージを送る(クリックで詳細表示)  
net send /domain:[ドメイン名] "メッセージ"

 使用例2:ファイル・サーバーを利用しているユーザーにメッセージを送る(クリックで詳細表示)  
net send /users "メッセージ"

あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る