selfup

selfupのトピックス-PR-

WAN編<第3回> NATの設定

2006/07/11
Roads to Node管理人エイジ

 プライベートIPアドレスをグローバルIPアドレスに変換するNAT/PATは,グローバルIPアドレスの不足を補う技術として一般的に利用されています。今回は,CiscoルータでのNAT/PATの設定と,その確認方法を理解しましょう。

NATの設定

 前回(WAN編の第2回)で解説したように,NATには静的NAT,動的NAT,そしてPATの3種類があります。まず,この3種類で共通する設定として,「ローカルとグローバル」の設定があります。つまり,ルータのどのインタフェースが「ローカル」側であり,どのインタフェースが「グローバル」側であるかという指定を行います(図1)。

  • (config)# interface [タイプ] [ポート]
  • (config-if)# ip nat [inside | outside]
    • [inside | outside]
      • インタフェースのローカル/グローバル設定

 図1 ip nat inside/outside
ip nat inside/outside

 ip natコマンドをインタフェース設定モードで行うことにより,ルータがローカル側とグローバル側を識別します。insideを設定したインタフェースのネットワークがローカル,outsideを設定したインタフェースのネットワークがグローバルになります。NAT/PATではローカルからグローバルへ出て行くパケットとその応答パケットがアドレス変換の対象になります。

 まず,静的NATの設定です。静的NATでは1つの内部ローカルIPアドレスと,それに対応した内部グローバルIPアドレスを設定することになります。これは先ほどと同じip natコマンドをグローバルコンフィギュレーションモードで行うことにより,設定します(図2・図3)。

  • (config)# ip nat inside source static [内部ローカルアドレス] [内部グローバルIPアドレス]

 図2 設定ネットワーク例
設定ネットワーク例

 図3 ip nat inside source static
ip nat inside source static

 次は動的NATの設定です。動的NATは指定した範囲の内部ローカルアドレスを,アドレスプール(複数の内部グローバルアドレス)内のアドレスに変換します。そのため,アドレスプールと,変換される内部ローカルアドレスを設定する必要があります。まず,アドレスプールの設定は次のようになります。

  • (config)# ip nat pool [プール名] [最初のアドレス] [最後のアドレス] netmask [サブネットマスク]
    • [プール名]
      • アドレスプール名。任意
    • [最初/最後のアドレス]
      • 内部グローバルの範囲の最初と最後のアドレス
    • [サブネットマスク]
      • 変換後のアドレスのサブネットマスク

 さらに,変換される内部ローカルアドレスの範囲は,アクセスリストで設定します。アドレスプールと,アクセスリストを設定後,動的NATの設定を行います。動的NATの設定はip nat inside source list poolで行います(図4・図5)。

  • (config)# ip nat inside source list [ACL番号] pool [プール名]

 図4 設定ネットワーク例
設定ネットワーク例

 図5 ip nat inside source list pool
ip nat inside source list pool

PATの設定
次ページ以降はITpro会員(無料)の方のみお読みいただけます。
会員の方は、 ログインしてご覧ください。
まだ会員でない方は、ぜひ登録(無料)していただき、ITproの豊富なコンテンツをご覧ください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteでクリップする
  • 印刷する

今週のトピックス-PR-

この記事に対するfacebookコメント

nikkeibpITpro

▲ ページトップ

CIO Computerworld

Twitterもチェック

執筆者一覧

イベントINFO -PR-

最新号

注目のセミナー

申込受付中!

無線LAN見える化実践講座
【12/4開催】

遅い、つながらない、
セキュリティ…
企業向け無線LANの不安を「見える化」で解決!