• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Linuxコマンド逆引き大全

【 ファイルを圧縮・展開する(拡張子.bz2,.tar.bz2) 】

2006/02/28 日経Linux

 Linuxのコマンドを「やりたいこと」でまとめました。「やりたいこと」を実行するためのコマンドと使用例を掲載しています。コマンドの基本を学びたい方は「Linuxコマンド道場」を参照ください。ファイルの操作からテキスト・ファイルの処理方法まで,例題に基づいて学べます。

 Linuxコマンド逆引き大全
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順) | コマンド逆引き大全 | シェル・スクリプト・リファンレス

 ファイルを圧縮・展開する(拡張子.bz2,.tar.bz2)
$ bunzip2 bzip2_file.bz2
$ bzip2 target-file
$ tar xjvf package.tar.bz2
$ tar cjvf package.tar.bz2 package-dir

 bzip2方式はgzip方式より高い圧縮率が期待できる圧縮・展開方式である。現在では,各種のソース・パッケージで利用されるようになってきた。圧縮ファイルには「.bz2」という拡張子が加わる。

 展開には「bunzip2」または「bzip2 -d」を用いる。


$ bunzip2 bzip2_file.bz2
     または
$ bzip2 -d bzip2_file.bz2

 元の圧縮ファイルは削除され,展開したファイルだけが残る。圧縮ファイルも残したい場合は,


$ bunzip2 -c bzip2_file.bz2 > bzip2_file
     または
$ bzip2 -dc bzip2_file.bz2 > bzip2_file

と入力する。

 tar.gzと同様に,ディレクトリごと圧縮・展開することもできる。tar.bz2ファイルを展開するには,次のように入力する。


$ tar Ixvf package.tar.bz2

 この場合は,展開後も元のパッケージ・ファイルが残る。

 逆にパッケージを作成したい場合は,


$ tar Icvf package.tar.bz2 package-dir

とする。


あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る