• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Linuxコマンド逆引き大全

【 プログラムを強制終了する 】

2006/02/28 日経Linux
 Linuxコマンド逆引き大全
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順) | コマンド逆引き大全 | シェル・スクリプト・リファンレス

 プログラムを強制終了する
$ kill -KILL 14673
# killall -KILL xfs

 プログラムがハングアップすると「kill」コマンドでは終了しない場合がある。この場合は強制的に終了することになる。強制終了には「kill -KILL」や「killall -KILL」を用いる。

 psなどで,強制終了させる対象プログラムのプロセスIDを得て,killコマンドの後ろに指定する。ジョブIDを指定する場合はジョブIDの前に「%」を付ける必要がある。「kill」の場合は,プロセスIDを調べて指定する必要があるが,「killall」ならコマンド名で指定できる。

 なお,ルート権限で動作するデーモンなどを停止させるにはkillまたはkillallを実行する前にルート権限を取得する必要がある。


あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る