• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

  • PR

Linuxコマンド逆引き大全

【 プログラムを一時停止する 】

2006/02/28 日経Linux
 Linuxコマンド逆引き大全
コマンド集(機能別) | コマンド集(アルファベット順) | コマンド逆引き大全 | シェル・スクリプト・リファンレス

 プログラムを一時停止する
$ stop 1
$ kill -STOP 14673
[Ctrl-Z]

 プログラムを一時停止するには「stop」コマンドまたは「kill -STOP」を用いる。ジョブIDを使うときは「stop」または「kill -STOP」を,プロセスIDを使うときは「kill」を用いる。killでジョブIDを指定する場合は,ジョブIDの前に「%」を付ける必要がある。 stopでジョブIDを省略した場合は,カレント・ジョブ(ジョブIDの後に"+"マークが付いたジョブ)が対象になる。他ユーザーが実行したプログラムを一時停止させるには,ルート権限が必要である。

 なお,プログラム実行中に[Ctrl]キーと[Z]キーを同時に押すことでもプログラムを一時停止させることができる。

 「kill」の場合は,プロセスIDを調べて指定する必要があるが,「killall」ならコマンド名で指定できる。


# killall -STOP smbd


あなたにお薦め

連載新着

連載目次を見る

今のおすすめ記事

ITpro SPECIALPR

What’s New!

経営

アプリケーション/DB/ミドルウエア

クラウド

運用管理

設計/開発

サーバー/ストレージ

クライアント/OA機器

ネットワーク/通信サービス

セキュリティ

もっと見る